ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

女性版『ゴーストバスターズ』監督、次は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をリブートすると嘘ツイート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
女性版『ゴーストバスターズ』監督、次は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をリブートすると嘘ツイート

これは映画ファンにとって今年最高のエイプリルフールネタの1つと言っていいだろう。

コメディ女優のレベル・ウィルソンも『Pitch Perfect 3』(原題)のセットで撮影クルーをうまく騙したが、自らが監督を務めた女性版『ゴーストバスターズ』を批判している人たちを挑発したような、ポール・フェイグ監督によるこのジョークはとにかく最高だ。同監督の次回作の嘘ツイートは以下のとおり。

It’s OFFICIAL! I’m rebooting Back to the Future with an amazing all-female cast! #MarieMcFly#BTTF18! Thanks, Bob Z., for believing in me.
– Paul Feig (@paulfeig) 2017年4月1日

「正式発表! 女性キャストだけの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のリブート作品を作る!#MarieMcFly #BTTF18! (オリジナルの脚本の)ロバート・ゼメキスとボブ・ゲイル、僕を信じてくれてありがとう」

嘘であってほしいと願う人がいれば、本当であってほしいと願う人もいて、反応はさまざまだった。俳優のクリス・オダウドがそこからバトンを引き継いで、彼が母親役のロレイン・マクフライの男性バージョンを演じるとツイート。

So excited to be playing Larry McFly (formerly Lorraine) in this exciting re-boot. https://t.co/R0qq3lrNLn
– chris o’dowd (@BigBoyler) 2017年4月1日

「ワクワクするようなこのリブート作品でラリー・マクフライ(元ロレリン)を演じられて、とても楽しみだ」

You will be amazing. https://t.co/aX30y8qFF3
– Paul Feig (@paulfeig) 2017年4月1日

「素晴らしいラリー・マクフライになるよ」

一部のファンはこのプロジェクトについて空想を始めていて、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』リブート版の夢のキャストとして、ドク・ブラウン役にケイト・マッキノン、女性版ビフ訳にメリッサ・マッカーシーを希望する声もあった。これが実現したら、絶対に見逃せないはずだ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

女性版『ゴーストバスターズ』監督、次は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をリブートすると嘘ツイート

米ウェンディーズのマクドナルドに対する挑発的なツイートが話題に

ノルウェーのスバールバル諸島に、地球最後の日に備えた文書庫がオープン

実写版『美女と野獣』一般試写会の壇上で公開プロポーズ!【映像】

大柄の警察が牛の突進を何とかかわす瞬間を捉えた車載カメラ映像!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。