ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東芝、韓国で10.1インチ薄型タブレット「AT200」を発表、厚さ7.7mm・質量510g、Android 4.0へのバージョンアップは3月中旬に実施予定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東芝は2月14日、韓国でプレスイベントを開催し同社の厚さ7.7mm薄型タブレット「AT200」の発売を発売しました。国内では「REGZA Tablet AT700」として発売中のAT200は、厚さ7.7mm・質量約510gのスリムで軽量なボディが特徴の10.1インチタブレット(535gの国内版よりも軽い)。10.1インチ(解像度1,280×800ピクセル、WXGA)サイズのLED液晶ディスプレイ、TI OMAP 4430 1.2GHz(デュアルコア)、1GBのRAM、32GBの内蔵ストレージ、背面に500万画素CMOS/前面200万画素CMOSを搭載、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v2.1+EDR、DLNAに対応。連続動画再生時間は約7時間。本体サイズは256.0mm×176.0m×7.7mm。韓国でもAndroid 3.2(Honeycomb)で発売されますが、東芝コリアの関係者は同製品のAndroid 4.0のバージョンアップについて、”まだ日は確定してないが、3月中にアップデートする計画だ”と話したそうです。国内版がバージョンアップされるのも近いかもしれません。AT200の韓国での販売価格は69万ウォン(約48,000円)。Source : ACRIFAB


(juggly.cn)記事関連リンク
ATOK for Androidがv1.1.6にアップデート
CyanogenModの開発者、CyanoegnMod 9に1画面で複数のAndroidアプリを表示可能なマルチタスクソフトウェア「Cornerstone」の実装を検討中
ディズニーモバイル「DM009SH」、「DM010SH」、「DM011SH」のWi-Fi機能に不具合、DM009SHには同日より修正版ソフトウェアを提供、他の2機種には2月下旬に提供予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。