体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MIYAVI、15周年ベストがiTunesアルバムロックチャート1位獲得

MIYAVIのデビュー15周年を記念して、デジタル先行で世界同時配信された『ALL TIME BEST“DAY 2”』が、日本でiTunesアルバムロックチャート1位を獲得した。
「Taylor」MIYAVIモデル (okmusic UP's)
同作のCDは4月5日にリリース。初回盤にはシングル楽曲18曲に加え、「What’s My Name ?」「Universe」「Ahead Of The Light」「素晴らしきかな、この世界 –What A Wonderful World-」「Guard You」の5曲を新たなアレンジにて新録。

DISC2の「Girls, be ambitious.」はインディーズ音源を収録。さらに新曲となる映画『無限の住人』主題歌「Live to Die Another Day -存在証明-」を収録した2枚組全33曲。初回盤特典として昨年行なわれた「MIYAVI Japan Tour 2016“NEW BEAT, NEW FUTURE”Tour Final」の映像も大ボリュームで収録となっている。

さらに、15周年を記念した企画が目白おし。都内15本の対バンライヴ『MIYAVI 15th Anniversary Live “NEO TOKYO 15”』では、THE ORAL CIGARETTES、GLIM SPANKY、ゆるめるモ!、LOCAL CONNECT、金子ノブアキ、coldrain、04 Limited Sazabys、魔法少女になり隊、SiM、Crossfaith、Crystal Lake、OKAMOTO’S、Charisma.com、ちゃんみな、ACIDMAN、三浦大知との対バンを予定しており、豪華な顔ぶれによるライヴに注目が集まっている。

さらに、活動15周年を記念して、各界著名アーティスト15組による「MIYAVI」を表現した15デザインのコラボTシャツも完成。「DOMMUNE」主宰の宇川直宏、大ヒット人気漫画「東京喰種トーキョーグール」の石田スイ、寺田克也(漫画家・イラストレーター)、ファレル・ウィリアムスやゆずなどのMVを手掛けるファンタジスタ歌磨呂、PRADAや資生堂など多くのブランドから愛されるアニメーター・シシヤマザキ、でんぱ組Inc.の最上もが、ファッションブランド「FUGAHUM」の三嶋章義、建築家・森田恭通、イラストレーター・せきやゆりえ、ファッションレーベル・MINDAID、グラフィックデザイナー・GraphersRock、「交響詩篇エウレカセブン」「BEAMS」なども手掛けるデザイナー・草野剛、「ERECT Magazine」アートディレクター・河村康輔、ファッションブランド・Cyderhouse、イラストレーター・桃桃子と、様々な業界で活躍する15組のアーティストが集結している。

さらに、タワーレコード新宿店で、幻の「Taylor」MIYAVIモデルの展示も決定。このギターはギターメーカー「Taylor」のMIYAVIモデルで、テレキャスターに乗り換える前に企画された幻のMIYAVIモデルとなっている。展示は4月17日まで同店で実施されているのでお見逃しなく!

そして、『ALL TIME BEST “DAY 2”』購入特典となる「MIYAVI・TATOOシール」と、シールに付属している抽選券で応募する「15周年記念オリジナルTシャツ」のデザインが決定した。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

アルバム『ALL TIME BEST “DAY 2″』
2017年4月5日発売

【初回限定盤】(2CD+DVD)

TYCT-69114/¥7,800+税

※スリーブケース付き

※特典Booklet

・新規撮影素材

・MIYAVI Japan Tour 2016“NEW BEAT, NEW FUTURE”オフショットスチール集

【通常盤】(CD)

TYCT-60097/¥2,500+税

<収録内容>

■CD DISC 1 -DAY 1- (初回限定盤、通常盤共通)

01. What’s My Name ? – Day2 mix(新録)

02. Universe – Day2 mix (新録)

0. Ahead Of The Light – Day2 mix(新録)

04. 素晴らしきかな、この世界 –What A Wonderful World – Day2 mix(新録)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。