体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バーチャルキャラクターと28言語の会話練習できるVRアプリがMondlyから

デジタル・IT
fullsizeoutput_2779語学を学ぶ人の多くが、その外国語で日常会話ができるようになることを願っているだろう。そのためには、実際に会話の練習を重ねる必要がある。

ただ、練習相手を探すのはそう簡単ではない。そこで紹介したいのが、バーチャルキャラクターと練習できる語学アプリ「Learn Language VR by Mondly」。正しいフレーズや発音を根気強く教えてくれる。

・人気アプリのVR版

チャットボットを使った語学学習アプリMondlyをすでに試したことのある読者もいるかもしれない。ルーマニア拠点のスタートアップATi Studioが開発した人気のアプリだ。

fullsizeoutput_277d今回紹介するのは、そのVR版。バーチャルのキャラクターと、実際にありそうなシチュエーションで練習できる。

・旅先シーンの練習も

バーチャルのキャラクターを使うメリットは、視覚にうったえるのでより練習がリアルであること。それから、キャラクターが忍耐強く付き合ってくれることだろう。

実際の講師との会話だと緊張する、でも端末のマイクに向かって話しかけるだけでは味気ない。そう思っている人にはうってつけだ。

fullsizeoutput_2785また、外国語を使うのは旅先が多いことから、このアプリではレストランやホテル、電車の中といったシーン設定で練習することもできる。

アプリはOculus StoreとGear VRで無料配信中なので、ヘッドセットを持っている人は試してみてはいかが。

Gear VR

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会