体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気キャリアカウンセラーがおすすめ!中卒者の「お助け資格」10

f:id:keimanahensyu:20170404162321j:plain

社会に出て働きはじめてから、「資格を取りたい」と思う中卒者は多いよう。その理由の多くは、収入や雇用の不安定さにあるようです。そこで、キャリカウンセラーの水野順子さんに、中卒など学歴に悩む人でも比較的取得しやすい、しかも使える「お助け資格」を教えてもらいました。これらの資格が、収入アップや安定雇用、転職成功などの救世主になってくれるかもしれません。

f:id:keimanahensyu:20170331185542j:plainキャリアカウンセラー 水野順子さん「キャリアコレクション」代表。女性のキャリア開発の専門家として、2万人以上へのカウンセリングや6万人以上への研修・講演の実績を誇る。著書に『3分で感情をリセットする心の整理手帳』(クロスメディア・パブリッシング)など。

スキルの証明となる資格は、

学歴の壁を越えて活躍するための武器に!

そもそも、中卒者が社会人として働くうえでのハンデは何なのでしょう。「一番大きいのが、選べる職種に限りがあることです。求人情報の応募条件に、『高卒以上』と書かれているケースが少なくありません。また、採用されたとしても非正規雇用が多く、収入が不安定になりがちです」(水野順子さん/以下同様)。

とはいえ、中卒だからといって決して悲観する必要はないと水野さん。「転職を頻繁に繰り返すのではなく、ひとつの会社や職種で力をつけて専門性を磨いていけば、自分の市場価値を高めていくことが可能です」。

また、学歴の壁を越えて活躍していくための、大きな武器になるのが資格だと言います。「資格は、スキルがあることの客観的な証明になるので、昇給や昇格の後押しになります。新しい世界に飛び込む際も、資格は中卒というハンデを補う心強い存在になるでしょう」。

中卒者でも取得できる資格は多数。

国家資格を狙うことも可能!

「中卒で目指せる資格は限られているのでは?」と思っている人も多いはず。けれども実際は、そんなことはまったくないとか。「学歴や経験がいっさい不問で受けられる資格は、多数存在しています。たとえば、行政書士や司法書士といった難しい国家資格にもチャレンジすることができるんですよ」。

では、資格を選ぶときに重視すべき点は何なのでしょう。「その資格が、本当に使えるかどうかを見極めることが大事。具体的には、昇給やキャリアアップにつながるか、求人ニーズがあるか、安定雇用につながるかなどです。資格情報をリサーチするうえで最適な方法は、求人サイトや求人誌に目を通すこと。目指すべき資格が決まっていない場合は、まずは求人情報に触れて資格を絞り込んでいくのもいいかもしれません」。

「勉強は苦手だし、途中で挫折しちゃいそう」。そんな人には、やはり資格取得は難しいのでしょうか。「資格のなかには、講習に参加すれば取得できるものや、短期間で取得できるものも存在。勉強を続けられる自信がない人は、まずはそういった資格を狙い、自信をつけてステップアップしていくのがいいでしょう」

プロが選ぶ、中卒者におすすめの「お助け資格」を一挙大公開!

f:id:keimanahensyu:20170404162453j:plain

ここからは、キャリアカウンセラーの水野さんがピックアップしてくれた「お助け資格」を紹介します。「社会人の基礎スキルやパソコンスキル、数字に強いことを証明できれば、業界や職種を問わず活躍の幅を広げることができ、今の職場でも転職にも有利になるでしょう。高卒と同等以上の学力があることを認定する、『高等学校卒業程度認定試験』に挑戦するのもいいかもしれません」

1.秘書技能検定試験

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。