体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】

バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。

ここに紹介する旅人の型破りなスタイルや、心に素直な生き方を見ていると、同じ経験をしていない自分でさえも「もっとできることがある!」と、ついその気にさせられる。

3人の旅人のストーリーをめぐる『無一文の旅が、私に教えてくれたこと』、まずは【ヒッチハイク編】からどうぞ。

仕事でお金を手にするほど、
心は虚しくなっていった。
Rhinal Patel(映像ディレクター)

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

イギリス人女性のRhinal Patelさんはロンドン在住、映画制作ディレクターとしてのキャリアを築いていた。アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、ハリウッド女優らと仕事をするうちに、生活には困らないだけの十分な収入を得るようになっていた。

ところが仕事が忙しくなるにつれて、人生に違和感を抱くようになったという。自分も、周りの人たちも、「人生をお金で考えるようになってしまった」と。そのことが彼女の心に窮屈さと虚しさをもたらしていった。

このままではいけない…彼女は、自分の人生を取り戻すための旅に出ることを決意した。

Rhinalのギモン:
お金に囚われない人生とは、
どういうものか?

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

ひとり旅を通じて、それを自分の目で確かめてみたかった。

Rhinalの計画はこうだ。ロンドンの自宅から目指すのは香港。そこからヒッチハイクでまたロンドンまで戻ってくる。ところが、訪れる先々で目にしたのは、想像していた以上の貧困、社会格差、そして差別だったそうだ。

計画していた道程の折り返し地点に差し掛かったとき、彼女は「お金に束縛されない人生」について、改めて見つめ直そうとしたのかもしれない。香港に到着後、Rhinalは、インドの子供達を支援する慈善団体「Goa Outreach」に、所持金を含む預金のすべてを寄付してしまう。文字通りの無一文がここから始まった。

全額寄付で無一文に。でも、
人とのつながりを感じることができた。

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

ホテル生活から一転、寝床はハイウェイのサービスステーションやテントに。食料を手に入れるため、レストランを訪ねて廃棄される食材を手に入れることもあった。環境も境遇も往路とはまったく別物の復路。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。