ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】

バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。

ここに紹介する旅人の型破りなスタイルや、心に素直な生き方を見ていると、同じ経験をしていない自分でさえも「もっとできることがある!」と、ついその気にさせられる。

3人の旅人のストーリーをめぐる『無一文の旅が、私に教えてくれたこと』、まずは【ヒッチハイク編】からどうぞ。

仕事でお金を手にするほど、
心は虚しくなっていった。
Rhinal Patel(映像ディレクター)

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

イギリス人女性のRhinal Patelさんはロンドン在住、映画制作ディレクターとしてのキャリアを築いていた。アンジェリーナ・ジョリーをはじめ、ハリウッド女優らと仕事をするうちに、生活には困らないだけの十分な収入を得るようになっていた。

ところが仕事が忙しくなるにつれて、人生に違和感を抱くようになったという。自分も、周りの人たちも、「人生をお金で考えるようになってしまった」と。そのことが彼女の心に窮屈さと虚しさをもたらしていった。

このままではいけない…彼女は、自分の人生を取り戻すための旅に出ることを決意した。

Rhinalのギモン:
お金に囚われない人生とは、
どういうものか?

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

ひとり旅を通じて、それを自分の目で確かめてみたかった。

Rhinalの計画はこうだ。ロンドンの自宅から目指すのは香港。そこからヒッチハイクでまたロンドンまで戻ってくる。ところが、訪れる先々で目にしたのは、想像していた以上の貧困、社会格差、そして差別だったそうだ。

計画していた道程の折り返し地点に差し掛かったとき、彼女は「お金に束縛されない人生」について、改めて見つめ直そうとしたのかもしれない。香港に到着後、Rhinalは、インドの子供達を支援する慈善団体「Goa Outreach」に、所持金を含む預金のすべてを寄付してしまう。文字通りの無一文がここから始まった。

全額寄付で無一文に。でも、
人とのつながりを感じることができた。

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

ホテル生活から一転、寝床はハイウェイのサービスステーションやテントに。食料を手に入れるため、レストランを訪ねて廃棄される食材を手に入れることもあった。環境も境遇も往路とはまったく別物の復路。

だが、彼女は言う。無一文になったとたん、気づくことがとても増えたと。

「金銭のやりとりなんてなくても、人と人はつながっていくんです。私の周りには、大切な人であふれるようになっていったの。深く信頼のおける友だちばかりがね」。

過去を振り返ったり、この先の人生を憂うよりも、いま生きているこの瞬間を何よりも大切にできたとき、今まで感じたことのない幸福感がRhinalの心を満たしていた。

貧困や差別に直面するたび、
芽生えていく「分かち合う」ことの大切さ

無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

のちにこの旅を振り返ったRhinalが、「いちばんショッキングだった」と振り返った出来事がある。

北欧の街を旅していたときのこと。ひどい差別を受け、食べるものに困っていた難民たちが、一斉にハンバーガーチェーン店へと押しかけ、「食べ物を分け与えてくれ!」と懇願していたそうだ。Rhinalもまたインドをバックグラウンドにもつイギリス人。肌の色で区別されたのか、道を聞こうと声をかけただけで嫌な顔をされた経験も、一度や二度ではなかったという。無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】Photo by Paco Rocha

インドのスラムで暮らしている子どもたち、差別を受ける女性や難民、社会的マイノリティとされる人々の生活の場に、彼女自身も身を置くように旅を続けた。彼らと出会い、話を聞くたびに、旅を続ける彼女を支えてくれた親切な人たちに対して「なにか自分にもできることがある」というRhinalの情熱は、帰国の途についた後も、冷めることはなかったのである。

「旅を通して経験した、『分かち合う』という素晴らしいバトンを、今度は自分が人から人へと繋ぎたい」。

せまい場所で、ビジョンや言葉にしばられる人生をやめた瞬間、今まで思いもしなかった感動やすばらしい発見と出会った。改めて世界の広さを思い出したRhinalは現在、クラウドファンディングのシステム『TOTAL GIVING』に彼女のページを開設し、支援活動に励んでいる。彼女の活動をサポートしたい人はこちらへ。

最近では、国際人権NGO(アムネスティ・インターナショナル)で登壇し、自身の旅について語っている。

不安や恐怖を乗り越えたのは
人々の「優しさ」と「愛情」

女性ひとりのヒッチハイクは当然リスクをともなう。実際、Rhinalも道中3度、暴漢に襲われている。肉体的には生き抜いたかもしれない、でも精神はそうじゃなかった。心が壊れ、自身を失い、大きな恐怖を植え付けられた気持ちだったと振り返る。

「でもね、そんな自分を救ってくれたのは、やっぱり出会った人たちの『優しさ』と『愛』かな」。

傷つきやすく弱いと思われる女性を、大胆で自信のある強い女性に変えてくれるのは、いつだって『優しさ』と『愛情』だと彼女は強調する。人を信じることは、自分を守ることなのだと。Licensed material used with permission by Rhinal Patel

関連記事リンク(外部サイト)

家も車も売り払い、無期限の旅に出たバックパッカーの「持ち物」を大公開
恋人がいるときにこそ、ひとり旅をするべき6つの理由
CAがオススメ。恋人がいても「ひとり旅」をするべき理由とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。