体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脳トレでメガネ要らずに?目と脳の関係が視力低下や老眼を予防する

脳トレでメガネ要らずに?目と脳の関係が視力低下や老眼を予防する
2017年3月27日(月)、ニューヨークタイムズで脳トレが視力改善につながるといった研究の記事が掲載されました。(参考)

手術やメガネやコンタクトを使用せずに、脳のトレーニングで視力の改善ができるとしたら画期的ですが、どのようなメカニズムとなっているのでしょうか。

そこで今回は医師に、脳と視力の関係の最新研究、視力回復や老眼改善に効果的な方法を解説していただきました。

目と脳の関係

脳トレでメガネ要らずに?目と脳の関係が視力低下や老眼を予防する

網膜に映し出し情報として処理


目に入ってくる情報は、眼球の奥にある網膜というスクリーンに映し出されます。

網膜には多くの種類の細胞があり、受け取った光を電気活動に変換し、視神経という神経の束によって脳に情報を送ります。

網膜の細胞には特定の色に強く反応する細胞や、光のオン、オフに反応する細胞があり、受け取った光信号を情報処理しています。

視覚中枢での情報の伝達

脳の中で最も後ろ側にある後頭葉で視覚情報を受け取り、情報は側頭葉や頭頂葉に受け伝えられていきます。

視覚中枢には、様々な角度の縞模様を見たときに強く反応する細胞や、笑った顔・怒った顔を見たときに強く反応する細胞などがあることがわかっています。

細胞がどのように反応するかという組み合わせにより、視覚情報を処理し、また聴覚・触覚など他の感覚系の情報とも統合して我々の意識にのぼるようになっています。

脳トレが視力回復や老眼改善に?

脳トレでメガネ要らずに?目と脳の関係が視力低下や老眼を予防する

視覚情報の処理能力の改善ができる

ものを見るのは、目と脳の共同作業です。

脳細胞は大人になると増殖することはなく、細胞の数自体は増えませんが、細胞同士のネットワークであるシナプスの数や、伝達効率は大人になってからも改善・回復するとされています。

脳の細胞を刺激するようなパターンを見ることで、脳をトレーニングし、視覚情報の処理効率を改善させることで、見え方が良くなったように感じるとも言われています。

ガボールパッチを利用した研究

2016年に発表された論文では、40~63歳の119人の対象者に対し、目の前40cmに置かれたガボールパッチと呼ばれる縞模様指標を、一回12~30分、週に最低3回、2~4カ月見る近く訓練を受けてさせました。

結果、視力や近くを見る能力が改善し、老眼があった人も近くが見やすくなったそうです。

《参照》
・NY times

ガボールパッチとは

脳トレでメガネ要らずに?目と脳の関係が視力低下や老眼を予防する
白から黒にゆるやかに変化するような縞模様パターンのことで、ノーベル物理学賞を受けたハンガリー人研究者であるデニス・ガボールによって作られたものです。(参考)

脳の視覚中枢は受け取った視覚情報を、ガボールパッチの集合体のように分解して処理していると言われており、ガボールパッチを見ることで、脳の視覚情報処理担当の細胞をより直接的に・有効に刺激できると期待しています。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。