体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【現地レポ】WACK合宿オーディション最終日③ー合格を勝ち取った4名のコメント掲載

【現地レポ】WACK合宿オーディション最終日③ー合格を勝ち取った4名のコメント掲載

BiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションが、2017年3月28日(火)より5泊6日にわたって開催された。

今回の合宿オーディションには、書類審査と2次オーディションを通過した18名に加え、現役メンバーも参加。

BiSから、プー・ルイ、アヤ・エイトプリンス、
BiSHから、アイナ・ジ・エンド、ハシヤスメ・アツコ、
GANG PARADEから、ユメノユア、テラシマユウカ、
の6名が参加した。

その様子は、最終日までニコニコ生放送ですべて中継された。

そして、合宿最終日の4月2日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉で、BiSにヒラノノゾム、オオショージメグミが加入すること、また、BiSのアヤ・エイトプリンスとGANG PARADEのカミヤサキが期間限定でレンタルトレードされることが明らかにされた。

さらに、ガミヤサキとモモコグミincは新たにWACKがエイベックスと共同で立ち上げるアイドルグループプロジェクト”Project aW”の初期メンバーとして合格したことも発表された。

本レポートでは、最終審査で合格を勝ち取った4名のインタヴュー・コメントをお届けする。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

モモコグミ.inc
デビューが決まってすごく嬉しいんですけど、不安もたくさんあって。落ちちゃった人もいるわけだから、その人たちの分まで強くならなきゃなと思っています。BiSさんの合格発表のあと、ギャンパレさんとBiSHさんは該当者なしって発表があったときは落ちたと思いました。合宿中は自分なりに全力でやってきたつもりだったので、結果がついてくればいいなと思っていたけど、自信は半々くらいで。でも自分的には全力でやりきりました。合宿で1番大きな思い出は先輩方にダンスを教わって一緒に発表できたこと。私は本番も練習も表情が固くなっていたんですけど、先輩を見たらやわらかい表情で歌もダンスもやっていて、改めて私たちと先輩の違いを目の当たりにして負けたくないなと思いました。私はすごく負けず嫌いで、ダンスとかでも負けるのがすごい悔しくて。自分は全力でやってるのに、なんで1位になれないんだろうと悔しくて泣きました。合宿を通して学んだことは、日々の努力だったり、広い視野で気遣いすることがすごく大事だということ。初日はいっぱいいっぱいで周りに目を配れなかったんですけど、先輩方は食事を食べ終わった後に机を拭いたり、1人1人スタッフさんに挨拶やしゃべりかけたりしていて、そういう細かい心遣いや日々の努力もすごいなと思って。過去に100kmマラソンをやったり体力もあるし、最高のライヴをするには努力を怠っちゃだめなんだなと改めて気づきました。こんな経験は普通できないから楽しんだ方がいいと思って合宿にきたので、これからも楽しんでやりたいです。

ガミヤサキ
合格が決まって嬉しいんですけど、今パニックで何が起こってるのかわからなくて。合格発表のあとエイベックスの方にご挨拶をして「あ、夢じゃないんだ…」と思いました。ここまで来れたのは自分たちの力だけじゃなくて、合宿に来てくださった先輩たちの力もあるので感謝の気持ちでいっぱいです。同時に先輩たちを超えたい気持ちもあります。合宿中は毎日泣いていました。泣くつもりはないのに、気がついたら涙が出ていて自分でもびっくりしました。周りのメンバーは仲間だけど友だちではないし、睡眠時間もなくて疲れるし、いろいろ考え込んじゃって。そのときにモモコが話を聞いてくれて一緒に頑張ろうってなったんです。脱落者が発表されるたびに仲良かった子がいなくなっちゃうことが悲しくて、なんとも言えない気持ちで涙が出てくる毎日でした。合宿を通して学んだことは、諦めないことの大切さ。初日2日目は順位が下の方だったし、正直帰ったほうがマシなんじゃないかと思って消極的だったんですけど、物事をポジティヴに考えて自分なりに頑張っていったら、自ずと結果がついてきた。諦めたらその時点で落ちてしまうけど、諦めずに前向きに物事を考えることが大切だなと思いました。私はもともとネガティヴなんですけど、この合宿を通してポジティヴでいたほうが人生は得だって気づいたんです。マラソンとか本当に嫌いだし筋肉痛もつらかったけど、何事も楽しんでやれば結果がついてくるなって。最初の自己アピールの時間も正直あまり乗り気じゃなかったというか怖かったんですよ。でも、せっかくカメラの前に立ってやるんだから、楽しいことをしようと思ってやったら好評だったので、前向きに楽しくっていうのをモットーに過ごしていたし、そうやっていこうと思っています。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。