体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【取材レポ】春の女子会の新スタイル!イースター・パーティー

新生活が始まった人もそうでない人も、フレッシュな気分になる春。春を楽しむイベントといえば「お花見」だが、もうひとつ、最近日本でも注目されつつあるイベントが「イースター」だ。

イースターの認知度に関する調査(20代~40代男女556名が対象)によると、イースターの認知度は87.6%。

しかし実際、イースターという言葉を聞いたことはあると思うが、何をするのかわからない、日本人にはあまり関係ないのでは?…という人も少なくないはず。

イースターはイエス・キリストの復活祭として、クリスマスと並び最大の祝日のひとつとされているが、日本ではあまり馴染みがないかもしれない。

ところが最近では、「ディズニー・イースター」をはじめ、タマゴ料理を中心としたホームパーティーを楽しむなど、ハロウィンなどのような感覚で気軽なイベント気分を楽しむ人が増えているのだとか。

各企業が続々とイースターに関する商品やイベントを開催するなど、2017年は“春の新イベント”として、イースターがますます注目の予感!

イベントに参加したりするのもよいが、仲間と集まる機会も増えるこの時期、気軽にトライできる「イースター・パーティー」をみんなでワイワイ楽しむのも面白そう!

実際どのような料理やスタイリングをすればイースターっぽくなるのか?

そこで今回、Tokyo Flamingo代表でありパーティースタイリストの久林紘子さんと、“幸也飯”こと料理研究家の寺井幸也さんがタッグを組んで、「“SNS映え”して、“みんなでワイワイ”楽しめるイースター・パーティー」を提案。

その撮影現場に潜入し、レンドに敏感な女性の女子会にまさにぴったりな、今っぽくてオシャレ、しかも真似しやすいイースター・パーティーのポイントについてクローズアップしてご紹介!

【パーティー スタイリング/久林紘子さん】

ホワイトとゴールドを基調としたシンプルで大人っぽいベースカラーに、春らしいパステルのマルチカラーで彩った大人ガーリーなスタイリングがポイント。

イースターのマストアイテム「イースターエッグ」も、ゴールドの箔押しを取り入れたり、うさぎモチーフもキャラクターっぽさが出ないよう顔が描かれていないものや全体に馴染む素材のものをチョイスすることで、大人のパーティー仕様に。

生花や枝を取り入れて春らしさを演出することでキーワードである「春」、「イースター」をイメージ。さらに文字板を一点投入するだけで、テーマ性もアップし、大人女子向けのパーティースタイリングが完成!

また、思わずSNSに投稿したくなる女子会シーン。「うさ耳」カチューシャも、ファブリック・テキスチャーのものを選べば、子どもっぽくなりすぎず遊び心のあるお揃いコーデを楽しめる。

■トレンドアイテムを簡単DIY!
さらにワンランク上の大人女子会を目指すなら、海外のトレンドインテリアアイテム、タッセルやマクラメを取り入れるだけでグッとオシャレな印象にスタイルアップが狙える。

枝にかけられたタッセルは、家にあるものや100円ショップなどで手に入る毛糸で簡単に手作りできる。インテリアのワンポイントとして、気軽に取り入れられそうなアイデアだ。

1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。