ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヴィッツにハイパフォーマンスモデルが登場!?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲白いボディに赤と黒のカッティングシートが貼られ、WRCマシンと同じカラーリングが施されたヤリス(日本名ヴィッツ)の限定モデル。この仕様が販売されるのは欧州だけとのこと。なんとも残念だ

▲白いボディに赤と黒のカッティングシートが貼られ、WRCマシンと同じカラーリングが施されたヤリス(日本名ヴィッツ)の限定モデル。この仕様が販売されるのは欧州だけとのこと。なんとも残念だ

1.8Lスーパーチャージャーと6速MTで武装

2016年12月18日にお伝えしたヴィッツGRMNの発売準備が着々と進んでいる。

そもそもヴィッツGRMNは、2013年に一度リリースされており、国内で200台だけ限定販売された特別なモデルだ。当時は1.5Lエンジンにターボが追加され、最高出力152ps/最大トルク21.0kg-mをマーク。5速MTが組み合わされ、270万円で売り出された。

第2弾として、2017年秋のリリースを視野に入れて用意される。GRMN2(仮称)は、パワートレインが変更され、1.8Lスーパーチャージャーを身に付けて登場する。

▲パワートレインには、ロータスの1.8L 直4スーパーチャージャーユニットが用いられる。ヴィッツGRMNのエンジンにLOTUSの文字は果たして見つけられるのか。興味のあるところだ

▲パワートレインには、ロータスの1.8L 直4スーパーチャージャーユニットが用いられる。ヴィッツGRMNのエンジンにLOTUSの文字は果たして見つけられるのか。興味のあるところだ

ロータスから里帰りした1.8L 直4スーパーチャージャー

ヴィッツGRMN2のエンジンは、最高出力220ps/最大トルク24.5kg-mに引き上げられ、パフォーマンスを十分に引き出すために6速MTが組み合わされる。

さらに驚きなのは、このエンジンがロータスから調達されることだ。もともとトヨタが供給し、ロータスが独自にチューンナップしたうえでエリーゼに採用しているユニットを、トヨタ車が買い戻す構図だ。

性能アップに合わせて当然ボディや足回りも強化される。スポット溶接の増打ちと、床下への補強パーツ追加によってボディ剛性が高められ、ショックアブソーバーやスプリング、タイヤ、ブレーキにも専用品が起用される。

▲18年ぶりの参戦となったWRCで、わずか2戦目にして初優勝を果たしたヤリス。今後の活躍が期待される

▲18年ぶりの参戦となったWRCで、わずか2戦目にして初優勝を果たしたヤリス。今後の活躍が期待される

GRシリーズの旗艦モデルとして登場か

トヨタは2017年秋にも市販車でGRシリーズのシリーズを本格始動させる予定だ。お伝えしているヴィッツGRMN2は、その幕開けを印象づけるモデルとしてリリースされる。

これまで存在してきた、G’sはGRに、RSはGRスポーツにそれぞれ改名。GRMNはそれらの上に存在するモデルとなる。日本国内での販売価格は、以前のGRMNよりおよそ80万円高い、350万円程度で発売される見通しだ。

18年ぶりのWRC参戦で、早くも優勝を果たして存在感を見せつけたトヨタ。市販車においてもモータースポーツを連想させる、GRシリーズの展開で、ワクワクドキドキを演出していく模様。ヴィッツGRMN2も、発売されるやいなや引っ張りだこになる可能性が高い。販売方法も含めて目が離せない。

※2017年4月2日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

【SPECIFICATIONS】

■予想発表時期:2017年10月

■全長×全幅×全高:3955×1695×1490(mm)

■搭載エンジン:1.8L 直4+スーパーチャージャーtext/マガジンX編集部

photo/トヨタ自動車、マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

車両価格200万円以下のクリーンディーゼル搭載BMW 3シリーズおよびメルセデス・ベンツ Eクラスをチェックしてみる
記事で紹介した3車種を探す。
エムズワークス一級建築士事務所

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。