ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

都会で農体験もできる! リーズナブルでからだ想いの肉ダイニングで、肉三昧のスタミナチャージ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:naruse_e:20170221191642j:plain

新年度を迎え、なにかと慌ただしいこの時期。スタミナをつけるためには、やっぱり肉を食べたいところだ。できることなら、血となり肉となるクオリティの高いステーキなんぞをガッツリ食べたいものだが、懐具合がスタミナを失ってしまっては本末転倒……。

そこで、リーズナブルにガッツリと“からだ想いの肉”を堪能できる「からだ想いの肉ダイニング 鉄重」で、ミートパワーをチャージすることにした!

からだに優しいこだわりで笑顔を作る肉ダイニング

f:id:naruse_e:20170221190708j:plain

東急東横線元住吉駅前に広がる商店街「ブレーメン通り」を3分ほど進むと、外観がウェスタン調の同店を発見!

f:id:naruse_e:20170221190747j:plain

店前の看板にはボリューム満点な肉メニューがずらり。ステーキもハンバーグもお手頃価格で味わえるとは、なんたるや!

f:id:naruse_e:20170221191400j:plain

グルグル鳴るおなかをなだめながら扉をくぐると、店内は芳醇な香りが立ち込めていて期待は高まるばかり。

何と言ってもステーキのボリュームがすごいですよ!

一番価格が安いランプでもこのクオリティ!

f:id:naruse_e:20170221191642j:plain

▲十勝ハーブ牛(150g 1,922円・250g 2,980円。ランチは120gサイコロ 1,598円もアリ)

同店で使用されている肉は、すべて国産の有名ブランド牛。鮮度にこだわり、新鮮な状態で入荷した和牛を店内でしっとりするまで寝かせるウェットエイジング製法を用いている。

さらに、サーロインには黒毛和牛、フィレには上州牛、リーズナブルなランプでさえも十勝産のハーブ牛と、それぞれの部位の味をもっとも引き立てるべく、肉の種類を使い分けているほどのこだわりようだ。

f:id:naruse_e:20170221191738j:plain

「食感を大切にして国産牛と国産豚の合いびき肉を使用している」というハンバーグには、パン粉の代わりに焼き麩や植物性の寒天を用いるなど、からだにも優しい配慮がされている。そのため、深夜に食べてももたれにくいとのこと。残業帰りのスタミナチャージにもってこいだ。

デミグラスソースも、お店で出る肉や野菜の端切れでとった出汁をもとに2日間かけてじっくり煮込むという、ここでしか味わえない逸品。もちろん、加工品や添加物は一切入っていない。

食材から調理法まで徹底的にこだわっている、正真正銘「からだ想い」の肉ぞろいだ。

こだわりは肉だけじゃない! ソーセージから野菜まで「からだ想い」

f:id:naruse_e:20170221191843j:plain

どれにしようか迷いに迷い、ダイスカットされたステーキ肉がハンバーグに閉じ込められた「ワイルドハンバーグ」(ランチ 1,274円・ディナー単品 1,058円/セット 1,555円)で欲張ろうかと思った矢先、ふと目に入ったのが「肉盛りセット」(864円)。

十勝産ハーブ牛を使った肉寿司、ローストビーフ、和風テイストのスペアリブにソーセージまでもがワンプレートになった、まさに肉尽くしのぜいたくメニュー。

ソーセージに至っては、店内でハーブを混ぜた国産豚を羊腸に肉詰めして乾燥させるという、イチからの手づくり品。保存料も添加物も入っていないから、ソーセージ本来のうま味を堪能できる。

f:id:naruse_e:20170221191926j:plain

「からだ想い」のこだわりは、野菜にも見て取れる。

「鉄重サラダ」(1~2人前/626円)は、茨城県の自然栽培農家から取り寄せている野菜のみを使用し、ベビーリーフを主体に季節ごとに旬の野菜を7種以上盛り込んだサラダ。野菜とオリーブオイルからできた生ドレッシングで味わえる。

そのほか、畑を耕さない自然農法で、無肥料で丹念に育てた高知県産の「究極の野菜」もあり、同店で提供されるすべての野菜はいずれかになる。

大地の恵みを吸い込んだ栄養価の高い野菜は味濃く、エグ味もないため、野菜嫌いの子どもですら好んで食べるほどのうま味が閉じ込められている。

都会で農体験! 自然農法の野菜づくりが身につく体験実習

ちなみに、同店では「自然農の体験実習」もおこなっており、稲作や、耕さない無農薬野菜の自然栽培を体験できる。

横浜市青葉区の休耕田を再生しているため、わざわざ地方まで出向かなくても、都会で自然農の技を身に着けることができるのだ。

f:id:naruse_e:20170221192446j:plain

初心者向けコース(入会金 2,000円・年間 18,000円)は、毎月日曜3~4回の作業で、米作りや野菜の栽培を中心に農作業を基礎から教えてくれる。だから初心者でも安心。もちろん、できた作物は分け合うので、愛情込めて育てた新鮮な米や野菜を自宅で味わえる。「1回だけ」「お試しで」など、単発での体験も可能だ。

f:id:naruse_e:20170328170946j:plain

長期での参加が難しい場合は、1日や2日で体験できる「伝統食体験会」もある。

茶摘み茶づくり、椎茸の菌打ち、味噌づくりやそば打ちなど、さまざまなイベントが1,000円~5,000円で体験できる。自らの手をかけた食は、この上ない感動と味わいのはず。

「からだ想い」のこだわり肉をぜいたくに味わい、都会にいながら農体験も満喫できる「鉄重」は町田にも店舗がある。仕事帰りや休日に、上質な肉や自然の中でパワーチャージしたくなったら、訪れてみてほしい。

お店情報

からだ想いの肉ダイニング 鉄重 元住吉店

住所:神奈川県川崎市中原区木月1‐30‐31

電話番号:044-434-0298

営業時間:ランチ11:00~15:30 ディナー17:00~23:30

定休日:無休

ウェブサイト:http://www.tesshige.com/

※農体験の詳細は店舗へお問い合わせください。

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年3月の情報です。

※価格はすべて税込です。

書いた人:千葉こころ

千葉こころ

自由とビールとMr.Childrenをこよなく愛するフリーライター。旺盛な食欲と好奇心を武器に、人生を楽しむことに全力を注いで滑走中。 ブログ:Cocolo*Chiba’s Blog

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【ビールがすすむ】最強の「肉巻きおにぎり」を作ろう!【今週はお花見レシピ】
30分かけてつくる!? オタクが考えた究極のスクランブルエッグとは【理系メシ】
「ひとり焼肉」でひとり飲み会をやってみた【男の孤独メシ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。