ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最新レーダー探知機は移動式オービスにも対応

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
最新レーダー探知機は移動式オービスにも対応

レーダー探知機とは違反速度測定用に使われるマイクロ波10.525GHzを手前で察知し、ドライバーにアラームや音声で注意を促す装置です。それがGPSを利用して、事前に登録された取り締まりポイントに近づくと警告を発するように進化させたのがGPSレーダー探知機。移動式オービスにも対応しています。

GPSレーダー探知機の精度が向上

ループコイル式オービスやLHシステムはマイクロ波を使いません。そこで、事前にオービスの位置データをレーダー探知機に組み込み、自車がオービスに接近すると警告を発するようにしました。

この時、位置データや自車位置の測位で活躍したのがGPSです。「GPSレーダー探知機」の誕生というわけです。GPSレーダー探知機自体は2001年には発売が開始されていますが、当初は受信できる衛星の数も少なかったため精度はイマイチでした。

それが今では倍増して計59基の受信が可能になり、ジャイロセンサー類と連係して測位精度が大幅に向上。また、タッチパネル搭載でスマホのようなディスプレイ型モデルも普及しています。

GPSレーダー探知機をカスタマイズ

さらに、取り締まり地点情報の自動更新は今や当たり前。新たにオービスが設置されたとしても、データが最新であれば事前に注意を促してくれるのです。警察がネットや新聞で発表する毎月の「公開取り締まり情報」にも対応します。

このため、2016年3月から稼働開始した新型の移動式オービスにも対応。移動式オービスに近づくと「移動式小型オービス 接近注意!」と表示されました。従来よりも簡単に設置・撤去が可能な移動式オービスに随時対応できるのです。

ただし、GPSレーダー探知機は多機能化が進んでいるため、初期設定のままだと何でも反応してしまい、ピーピーうるさいと感じることもあります。このため、不要な機能をカットして使うのが基本。例えば、マニュアル設定から切るか、モードを変更するなど、自分に合った設定にしてカスタマイズしましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。