体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

弁護士直伝!ラクして結果を出す「ずるい勉強法」とは?

社会に出ると、営業成績を上げる、プロジェクトを成功させる、企画をヒットさせる、組織をまとめ上げるなど、「結果を出す」ことが求められます。

「結果を出す」ためには一般的に、人一倍時間をかけて努力することが必要と考えられていますが、弁護士の佐藤大和さんは「ラクをして結果を出す」ことを推奨しています。

佐藤さんは、小学5年生まで九九ができず、高校時代まで偏差値30の学年ビリ、しかし一念発起して猛勉強し、司法試験に一発で合格しました。

その際に実施した勉強法が、「答えを暗記する」方法。通常なら、問題を解いて答えを確認しますが、佐藤さんは「答えを見て暗記し、問題を見て答えを思い出す」という方法を取ったのだそう。覚える→思い出す、を繰り返すことで、知識が自分の中に定着するそうです。

そして、「この方法は社会に出てからのほうが効果的に使える」とのこと。つまり、先人たちの「成功方法」を暗記してまねることで、ゼロからはじめるよりも効率よく、そして確実に結果を出すことができる、と言います。初めは物まねであっても、繰り返しているうちに経験として自身に刻まれ、オリジナリティが生まれてくる…と。

これらの具体的な方法は、先ごろ発売された佐藤さんの著書『ずるい勉強法―――エリートを出し抜くたった1つの方法』にまとめられています。本や人から、知識・経験をまねる方法、やる気を継続させるためのテクニックなど、彼が体得した「短い時間でラクをしながら最大の結果が得られる方法」が紹介されています。

「まねる方法」は本書をご覧いただくとして、今回は本書で触れられている、佐藤さんが習得した「圧倒的に作業を短縮する時間術」についてご紹介します。「仕事に必要以上に時間がかかってしまう」「やってもやっても仕事が終わらない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

f:id:itorikoitoriko:20170404102825j:plain

ムダな努力をしないで済む「時間術の秘訣」

「時間」はすべての人に平等に与えられていますが、その使い方が重要です。

「なぜあの人は、短い時間で結果を出しているのか?」

「なぜあの人は、いつも提示に仕事を終わらせることができるのか?」

と思ったことはないでしょうか?この差は、時間をいかに効率よく使うかという「時間術」にかかっている、と佐藤さんは言います。

佐藤さんが実践している時間術の秘訣とそのポイントは、以下の3つです。

1.「ラクしたいという意識を持つ」

時間をかけて苦行のように取り組むことを止め、ラクしたいという気持ちを極限まで膨らませると、作業にかける時間を短縮することができると同時に、より大きなパフォーマンスを産むことができる。

2.「成功を習慣化する」

最初からハードルを上げず、成功できるレベルのことからコツコツ取り組む。一見回り道のように思えるかもしれないが、成功すれば誰もが嬉しく、楽しくなり、次に挑戦しようという意欲が湧く。このポジティブなサイクルが習慣になると、もっと楽に、時間をかけずに続けていくことができる。

3.「集中力スイッチを持つ」

同じ1時間でも、集中して作業したかどうかで、時間の密度は変わり、結果も大きく変わる。一流のスポーツ選手が作る「超集中モード」に近い精神状態を作る、自分なりの「集中力スイッチ」を持っておけば、いつでもその状態に入れる。

これら3つの秘訣を実践する方法を、詳しく紹介していきましょう。

「ラクしたいという意識を持つ」ことが効率化のアイディアにつながる

効率を上げるためには、いかにラクをするかをとことん考えることが重要。そうすれば、ラクをするためのアイディアが浮かんでくるといいます。

ラクをするために佐藤さんが考え、実践しているのは「根回し」。例えば会議の前に、同席する人に「明日の会議でこういう意見を言うつもりだけど、どう思う?」「できれば賛成してほしい」などと話しておく方法です。事前に相手に情報を入れることで、会議での無駄な議論を無くすことができます。

「根回し」というと、ズルく聞こえるかもしれませんが、いわゆる「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」と同じ。事前にきちんと報告・連絡・相談をすることで、時間を短縮するという考え方です。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。