体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症の要介護認定における基礎知識と日常生活自立度について

理学療法士の中村です。みなさんは要介護認定の結果について疑問を持たれたことはありますか? 要介護認定を知ることは、ケアを行うにあたりとても重要です。要介護度が下がると、「介護福祉レンタルサービスが受けられない」「介護保険限度額が下がって家計を圧迫してしまう」などの可能性があり、認知症高齢者の自立度を下げることにもなりかねないからです。今回は筆者の市役所勤務や介護認定審査委員の経験を踏まえて、要介護認定についてのお話をさせて頂きます。

要介護認定って何?

現在の要介護度は「非該当、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5」とあり、申請者がどれだけ介護サービスを必要としているのか、または申請者に介護サービスを行う必要があるのか要介護度別に分ける制度を、要介護認定といいます。つまりは、申請者の症状の重さと要介護度は必ずしも一致するとは限らないということになります。

「どう考えても歩けないし、自分で食事も摂れないけど要介護4なのよね…5ぐらいが妥当じゃない?」「うちのお爺ちゃんは、認知症があってよく徘徊するから目が離せないのに要支援…?」など、良く耳にする話ですね。特に認知症高齢者については、要介護度と現実がかけ離れてしまっている場合をよくみかけます。

要介護認定はどのように行われるの?

まずは要介護認定の流れについて説明いたします。

介護認定

要介護認定は、一次判定ソフトによる判定から介護保険審査会における認定まで、要介護認定等基準時間と呼ばれる「介護の手間の判断」によって審査が行われます。申請者の状態を数値で表し、この値と1分間タイムスタディデータ(※)との関連性から「介護の手間度(時間)」を測り、要介護度が認定されます。しかし、申請者固有の手間が発生しており、認定調査員が記す特記事項や、主治医意見書の記載内容からこれら介護の手間が具体的に認められる場合は、一次判定の結果に縛られずに要介護認定の変更ができます。
※1分間タイムスタディデータとは
要介護度の判定を正確に行うため、施設や事業所に入所・入院されている高齢者約3,500人を対象とし、48時間にわたりどのような介護サービスがどれ位の時間行われたかを調べて算出したデータ

認知症の要介護認定で必要なのは、介護の手間

寝たきりの方よりも、徘徊の症状が出てしまっている認知症高齢者のほうが、介護にかかる手間度(時間)は高いですよね。認定調査員に対し、家族も職員も症状の重さを一生懸命説明していますが、それよりもその人の介護にどれだけの手間(時間)がかかっているのかを説明することをオススメします。

調査項目について

介護認定調査項目は62種類74項目と多岐に渡り、大きく分けると下記3つに分類されます。
能力で評価する項目
介助の方法で評価する項目
有無及び頻度で評価する項目

介護認定審査委員は、議論の中で着目した特記事項と、認定調査員による評価のうち、どの基準によって調査されているかを審議し、より適切な認定度を判定しています。

要介護認定時の対応方法

認知症により徘徊がある高齢者を遠くから監視するのと、転倒の危険性があるのでその都度、側に寄り沿い軽く手を添えて一緒に歩くのとでは介護にかかる手間度が全く違います。また、普段は認知症により計算もできない、日付も分からないはずが、調査時は上手く答えられたりする事も多々あります。

普段の生活状況を伝えるとともに、できない事だけを調査員に伝えるのではなく、できない事によって日常生活でどのような支障があるのか、またどのような方法を用いて介助を行っているのか伝えて下さい。

例えば何度も同じ話を繰り返す事によって、どのような介助が行われているかを具体的に説明する事で、介護調査員は実際の介助の状況と手間度(介護にかかる時間)が正確に把握できます。そのため、以下例にならって、具体的な説明をするように心がけてください。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。