ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

台湾MediaTek、低コストのAndroidスマートフォン向け新プロセッサー「MT6575」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ファブレス半導体メーカーの台湾MediaTekがエントリーレベル~ミッドレンジクラスのAndroidスマートフォンに向けた同社の第3世代プロセッサー「MT6575」を発表しました。MT6575は、新興市場を中心に今後数年間で出荷台数が大幅に増加すると予想されている$200未満のセグメントをターゲットにした製品。CPUは最大1GHzで動作するシングルコアARM Cortex-A9、GPUはPowerVR SGX5シリーズ、3G/HSPAモデムを内蔵。qHD解像度のディスプレイ、720pサイズの動画再生と撮影、8MPの写真撮影、デュアルSIM、3Dディスプレイをサポート。Android 4.0の動作もサポートするとのこと。このセグメントの競合他社の最上位製品と比べて、ブラウジング性能で35%、グラフィックス性能で20%上回るベンチマーク結果が得られたとしています。MT6575を搭載した製品は2012年第一四半期中に発売される見込みとされています。Source : MediaTek


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、ウォークマンZシリーズのソニーストア限定モデル”プラチナホワイト”(NW-Z1070/W)の先行予約販売を開始
Motorola初のAndroid 4.0スマートフォンは"Medfield"ベースのAtomプロセッサーを搭載?(画像あり)
UQ、WiMAXモジュール搭載10.1インチタブレット「Eee Pad TF101-WiMAX」を発表、2月25日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。