体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TSスマホカメラ部】女子に人気の美肌アプリをオッサン(47)で試してみた!

写真・動画の加工アプリが、えらい勢いで進化している。ちょっと前から流行っているsnowは、ご存じの方も多いだろう。カメラに映った人の顔を認識し、自動でスタンプをくっつけたり、加工を施したりするアプリだ。全世界で1億人以上が使っているというくらいだから、名前を知らなくても動物の耳や口をくっつけたり、目をデカくした自撮り写真を見たことがある人は多いと思う。

こういうオモシロ写真はひと目で加工したものとわかるが、もう少しひっそりと、オジさんたちの知らないところで広まっているのが、同様の顔認識機能を使った写真加工・補整アプリ。いわゆる美肌アプリと呼ばれているジャンルのものだ。すっぴんでも肌をなめらかにしたり、化粧をしたような加工ができ、顔のパーツのみならず体形まで補整してくれるアプリまであるという。SNSにあがった自撮り写真をよく見てみると、このようなアプリで補整済みの写真もちらほら見られるようだ。

美肌アプリは、オッサンが使ってもいいんじゃないか?

さて、女子の自撮り写真を詐欺だ、インチキだと糾弾するのが本稿の目的ではない。果たしてこうした美肌アプリは、オッサンが使ってみても美しくなれるのか。それを検証してみようと思う。

モデルに起用したのはT&S編集部のO。47歳のオッサンである。今回はビフォー/アフターをわかりやすくするため、あえて少し眠そうな表情の写真を選んだ。

まずは、今年2月にどんな仏頂面も笑顔にできると話題になったiOS/Androidアプリの「FaceApp」(Wireless Lab/無料)。顔写真を自動で認識し、真顔の写真を笑わせたり、老けさせたり若返らせたり、性別を変えたりできるアプリだ。アプリで撮影するか、カメラロールにある写真を選んでメニューボタンをタップするだけ。上の元写真がこんなふうになる。

左上「HOT」(魅力増)/右上「SMILE」(笑)/左下「FEMALE」(女性)/右下「OLD」(老化)

老人から女性まで、まるでOの家族写真を見ているようである。このアプリは人間の脳の仕組みを模したニューラルネットワークというAI技術を用いて、膨大な数の画像を学習しているそうで、ほかのアプリと比べても精度が高い。プログラムが自動で補整しているとは思えないクオリティだ。

HOT!

「HOT」に加工した写真は肌のたるみやしわが消え、ドーランを塗ったような仕上がりに。どことなく外国人っぽい印象になったのは、アプリが学習している写真に欧米人が多いからだろうか。ただ、なんとなく生気がなく蝋人形のようにも見えるので、この写真を再びFaceAppに取り込んで笑わせてみた。

SMILE!

・・・・・・笑った。つくりものっぽい印象は和らいだが、よく見ると目が怖い。このように、カメラロールに保存した加工済み画像を再度アプリに取り込めば、「HOT」×「SMILE」の掛け合わせや、「OLD」×「OLD」での老化2倍増し加工も可能になる。

ただ、あまり加工を重ねると画質が劣化したり、自動認識がおかしくなって気持ち悪い写真になったりするみたいなので、ほどほどにした方がよさそうだ。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。