体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫との距離の縮め方〜保護猫カフェに行ってみよう〜

猫との距離感って難しいのです、猫は臆病で警戒心が強いので。
もちろんそれぞれ性格が異なるので、最初っからスリスリ甘えてきたりする子もいれば、どうやってもソファーの下から出てきてくれない子もいます。そういう両極端なケースは今回は一旦置いといて、標準的なと言いますか、ちょっと警戒している猫との距離を縮めるために、僕が保護猫カフェなどでいつもやっていることをご紹介しましょう。

フロアに猫が一匹座っているとしましょう。ゆっくりと近づいていくときに大切なのは、猫の視界の範囲に自分がいること。そしてあんまり目を合わせないことです。そ〜っと、逃げないぎりぎりまで近づいて、とりあえず座ります。正面は向かず、むしろ背中を向けるくらいでもいいかもしれません。

そして「何もしない」のです。さりげなく無視するとでも言いましょうか。僕はいつもごそごそとカメラの準備をしたりするのですが。店内を見渡してもいいですし本とかを読んでもいいですし、でもちょっと動いたほうが良いように思います。要はちょっと注意をひきつつ、この人は「何もしない人=自分に危害を加えない人」と思わせるのです。ちょっとずつ信用を貯めていきましょう。

その後もしも、猫がすっと立ち上がってすたすたと自分の方に向かってきても、まだちょっと我慢しましょう。目の前を通り過ぎていこうとしたら、一旦そのまま見送るくらいが良いかもしれません。近づいてきて、膝のあたりの匂いを嗅ぎだしてもなすがままにします。満足するまで嗅がせてあげましょう。

そして定番の人差し指のあいさつ。何でしょうねこれ?猫の性とでもいいましょうか。これが完了するとちょっと距離が近づく気がします。

頭や眉間のあたりをコリコリっと撫でると結構気持ちいいようです。でも本当に一匹一匹個性があって、どのへんをどう撫でると喜ぶのか、みんなそれぞれ違います。腰をぽんぽんしたり、お腹をワシャワシャとしたり、首周りや顎を撫でたり。また触られるのは嫌がってもおもちゃで狂ったように遊んでくれたり。猫とつき合う醍醐味ですね、ちょっとずつちょっとずつ距離を縮める楽しみがあります。

秋葉原の近く、東京都千代田区神田にある保護猫カフェまちねこは、そんな猫との絶妙な距離感が楽しめる広いフロアが魅力です。おもちゃもたくさん置いてあるので遊び放題。

キャットタワーには猫が鈴なり。なぜかいつも場所が決まっているのも面白いですね。

まちねこに限らず、保護猫カフェには「膝乗り猫」がよくいます。座っていると猫の方から寄ってきて膝に乗ったりします。店員さんに聞いてみて、もし膝乗り猫がいたらさりげなく近くに座ってみましょう。至福のときがやってくるかもしれません。

*
*

保護猫カフェにいるほとんどの猫は、里親になることを希望して引き取ることができます。
(但し条件があります。審査もあります。費用もかかります。そのあたりの話はまた別の機会に)
もし猫を飼うことをお考えなら、ぜひ保護猫カフェへ足を運んでいただき、里親になることを考えて欲しいと思うのです。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。