体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雪上でも圧倒的パフォーマンスを示したジャガー・ランドローバーのSUV(雪上試乗記)

▲雪上というコンディションでは普段体感することのできない車の限界性能を感じることができる

▲雪上というコンディションでは普段体感することのできない車の限界性能を感じることができる

ジャガーとランドローバー

まず初めに、ジャガー・ランドローバーというメーカーについて話をしよう。

元々は別のブランドであった。ジャガーはアスファルトで、ランドローバーはオフロードで独自の考え方を持ち車を進化させてきたロイヤルワラント(英国王室御用達)である。その2つのメーカーが、経営統合によって現在はジャガー・ランドローバーという自動車メーカーになった。

今回はランドローバーが得意とする雪上で試乗会が開催された。それぞれ違う道路条件下で計3車種に試乗させてもらった。タイヤはすべてスタッドレスではなくスノータイヤであった。そこで感じたジャガーとランドローバーの性能の違いをお伝えしたい。

オンロードでのスポーティな走りに定評のあるジャガー Fペイスの悪路での実力

初めに我々に提供してくれたモデルはジャガー Fペイスのハイパフォーマンスモデルの『S』。3.0リッターV6 340ps のスーパーチャージドガソリンエンジンが搭載されている。

▲スノータイヤで圧雪路を走るのはジャガーのSUVでも滑ってしまう場面もあったが、それでも走り切れるのはさすがジャガー

▲スノータイヤで圧雪路を走るのはジャガーのSUVでも滑ってしまう場面もあったが、それでも走り切れるのはさすがジャガー

試乗したのは、圧雪路(あっせつろ)によるクーローズドのフラットなコース。そんな悪条件下でも、ジャガー本来のスポーティな味付け部分を十分に堪能できた。

コースインして普段どおりのドライビングを行う。特に限界を意識していないが、雪上では外に滑り出してしまうためコーナーでは早目にステアリングを切る。その次にアクセルでコントロール。しかし低回転域ではアクセルよりもブレーキをコントロールして車を正規の姿勢へと修正した。

オンロードでのスポーティな走りには定評のあるジャガーだが、悪条件下でもイメージどおりのコーナーリングをしてくれた。特にJaguarDriveコントロールスイッチを、より高い回転数で俊敏なギアシフトを提供してくれる「ダイナミック」モードにしたときは、大型のSUVとは思えないスポーティな走りを体感できた。

オフロードメインに作られた車でありながらスポーティな走りが可能なレンジローバースポーツ

続いてレンジローバースポーツで一般的なSUVでは走ることすら困難な専用の雪上オフロードを体験した。正直いってレンジローバースポーツであっても夏タイヤに溝を深くしたスノータイヤでは本格的に走れるわけがない。

▲オフロードは得意なはずのレンジローバースポーツだが、雪上オフロードでは簡単にいかない。スタートが特に厳しく、タイヤとの摩擦熱で雪が溶け、寒さですぐに氷となってしまい前に進めない場面もあった

▲オフロードは得意なはずのレンジローバースポーツだが、雪上オフロードでは簡単にいかない。スタートが特に厳しく、タイヤとの摩擦熱で雪が溶け、寒さですぐに氷となってしまい前に進めない場面もあった

そんな中いざスタートだ。ゆっくりとトラクションを確かめながら走る。多少のうねった路面でも滑りだすのがよくわかる。磨かれた氷のような路面ではスノータイヤではどうしても滑ってしまい、スムーズに走るのは正直厳しかった。

それでも、細かなトルク制御を行ってなんとか走るレンジローバースポーツはやはりオフロードでの走破性に命をかけていることがよくわかる。

段差があるアプローチもデパーチャーも前後オーバーハングのアングルにもこだわっているのでバンパーに接触することなく走行することが可能だ。

レンジローバースポーツのローレンジのトランスファーは、ゆっくりと踏みしめて走るには計算しつくしたギヤ比だ。エンジンの出力を安定したトルクに変換して滑りやすい傾いた雪上でも走り出す。「どんな状況でも走ることができる」これがランドローバーのフィロソフィーなのだ。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。