ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』ヴィクトル・ユゴーの原作に寄せた深く美しい人間ドラマ(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』ヴィクトル・ユゴーの原作に寄せた深く美しい人間ドラマ(Album Review)

 2016年12月に日本初演を迎えたミュージカル『ノートルダムの鐘』のオリジナル・サウンドトラックがリリースされた。

 2人の世界的巨匠アラン・メンケン(作曲)とスティーヴン・シュワルツ(作詞)の共同作品である、ディズニー長編アニメーション『ノートルダムの鐘』は、その重厚な物語を彩る荘厳な宗教曲や、心に染みいるエスメラルダの祈りなど、魂を揺さぶる楽曲でファンが多い作品。

 ミュージカル版ではアニメーション版製作にあたって採用されなかった曲や、新たに書き下ろされた楽曲を追加。ユゴーの原作のアプローチを重要視しており、アニメ―ション版とは一味違った感動を体験できる「大人版」といってもいいだろう。

 本盤は、東京公演キャストによるライブレコーディング収録で、カジモド役には飯田達郎、フロローに芝清道、エスメラルダには岡本美南といった俳優陣が登場。また豪華版にはボーナストラックとして、海宝直人によるカジモドの代表曲4曲が収録されている。

関連記事リンク(外部サイト)

ファレルの子供時代を描いたミュージカル映画が製作開始
ショーン・メンデス、ミュージカル映画『サマー・オブ・ラブ』に出演決定
『プラダを着た悪魔』のミュージカル版、音楽担当はエルトン・ジョン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。