ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google WiFiにインターネットの利用制限をスケジュール化できる新機能「Scheduled Pause」が追加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 4 月 3 日、同社の家庭用 Wi-Fi ルーター「Google WiFi」にインターネットの利用制限をスケジュール化できる新機能「Scheduled Pause」のリリースを発表しました。Google WiFi では以前からデバイスの Wi-Fi 接続を特定の時刻まで停止できる「Familiy Wi-Fi」を提供しており、親のスマートフォンを使って子供のインターネットの使いすぎを抑制できていました。これまで、Wi-Fi 接続の遮断の終了時刻しか設定できなかったものの、Scheduled Pause では遮断の開始時刻と終了時刻、遮断を適用する曜日をラベル別に設定することができます。アラーム時計のようにスケジュールを組むことが可能になったということです。この機能によって、アプリをいちいち操作しなくても、子供が夜遅くまで Wi-Fi を利用したインターネットで遊ぶことを防止することを防止できます。Source : Google

■関連記事
英Clove、BlackBerry KEYoneの予約を開始、5月上旬に入荷予定
Google、「Anroid 7.1.2」のファクトリーイメージと2017年4月分のセキュリティパッチを公開
Yota Devices、YotaPhone 3の予約を今夏開始、YotaPhone 2のAndroid 6.0アップデートを正式に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。