ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

お笑い芸人ばかりが在籍しているという清掃会社 その理由とは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
お笑い芸人ばかりが在籍しているという清掃会社 その理由とは!?

今回お話を伺ったのは、ホリプロコム所属のお笑いトリオ「ななめ45°」の岡安さん。以前に床清掃のアルバイトをしていたという岡安さんが教えてくれた「裏話」とは!?

SONY DSC

大体、こんな話です

・かつて床清掃のアルバイトをしていたという岡安さん。
・紹介によって多くのお笑い芸人が仕事を始め、一時は「ひとつの現場を芸人だけで回す」こともあったとか。
・なんと、ついには独立し、清掃会社を始めた芸人まで現れた!?

床清掃のアルバイト

―――今日は、「過去のバイトの体験談」についてお話を伺いたいと思います。

僕が以前やっていたのは、俗に言う床清掃のアルバイトです。
床を磨いて、ワックス塗って、仕上げていくっていう仕事をしてまして。

―――結構あれですよね、専門的な仕事ですよね?

そうですね。
使う道具はメジャーなところでいうと、よく清掃員が使ってる「ポリッシャー」っていう。

―――あれですよね、両手で持って。

両手で持って、丸いたわしみたいなのを回す。
ちょっと難しくて、普通に持ってると、すごい高速回転してるんで、そのまま結構何十キロもあるんで、もってかれちゃうんですよ。あとコツを掴むと、自分の行きたい方向にぐるぐる回せるようになるんですけど。そのポリッシャーをですね、実はうちのホリプロコムの芸人の半分近くが一時期回せるという。要は、皆が同じバイトをしていて………

―――同じ会社いたってことですよね?

同じ会社に。
大体マックスでその時に20人ぐらい在籍してまして。

―――ホリプロコムの芸人さんが20人も働いてたんですか?

はい。もう芸人だけで現場行ったりとかしてる時もあったりとか。

ついには独立まで!?

―――楽しそうですね。

はい。だから急に仕事が入って、「今日出れないです」って言っても、芸人のやつに頼めば「僕が代わりに出ますよ」とか融通がすごく効いて。僕は途中で一回怪我しちゃって、そのポリッシャーを足に落として骨折して、そこから出なくなって。あとは皆他の人もちょこちょこ辞めていったりとかしてる中、うちの後輩の1人は、そのまま会社を立ち上げまして。

―――芸人さんですか?

入ってた後輩のひとりが、そのまま入っていた(清掃の)会社を辞めて、独立して。

―――掃除のノウハウをそこで学んで、独立したんですね?

独立して、今は会社の社長です。ちなみに、その専務がまたさらに後輩のやつで。

―――つまりお笑い芸人さんから、清掃会社の経営者に転身されたんですね。

このバイトを一番最初に始めてたのは僕なんですよ。

僕が一番最初にやってて、ちょこちょこ紹介してって、20人ちょっとになって。だから僕の責任もちょっとあるんですけど。そいつ、そのまま清掃会社に行って社長になったんで、良い道をオススメ出来たかなという気持ちですね。

―――だから岡安さんが始めなかったら、その方は社長でも専務でもなかったんですもんね。今、その方が作った会社には芸人さんは仕事で行ってるんですか?

芸人もちょこちょこ。
僕も短期でやらせていただいて、人が足りねえぞって時だけ呼ばれたりですね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。