ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【寄稿連載】第七話 ホームレスは目障りか?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ホームレスは目障りか?

今回は松田良一さんのブログ『ホームレスのおっちゃんの溜め息』からご寄稿いただきました。

第七話 ホームレスは目障りか?

俺は神さんから携帯電話を受け取った。そして頭を下げて帰ろうとすると、神さんがポツリと言った。
「俺たちが目障りか?」と。
俺はドキリとした。返す言葉がなかった。

神さんたちのテントを襲った時は別にこれといった理由などなかったのだ。それに酒に酔った勢いがあった。
俺が黙っていると、神さんは「もうするなよ」と言って自分のテントへ入っていった。

俺はもう一度テントへ向かって頭を下げて、その場から逃げるように駅へ駆け出していた。走りながら、自分自身が情けなくなっていた。酒に酔ったからと言っても、自分一人だけだったらテントを襲ったりしなかっただろう。仲間がいたからやったのだ。そう。しょせん一人だけではできないのだ。俺は自分がすごくカッコ悪く感じた。そして恥ずかしくなっていた。

俺が電車で帰っている頃に、神さんたちの住む公園では、そこに住むホームレスのおっちゃんたちが集まってなにやら話し合っていた。実はこのテントの近くにある場所で国際的な催しがあるために、この場所から立ち退きを求められているのである。ホームレスのおっちゃんのなかには、ついにきたかと思っている人が多かった。なかには早々とテントをたたんで出ていった人もいた。神さんたちは今後どうするかを話し合っていたのである。

都は今がチャンスとばかりに色々と言ってくる。生活保護をすぐに取れるとか、シェルターに入れるとか、自立支援センターにすぐにでも入れるとか。
都としても、公園にあるテントを一掃してキレイにして「どうです、ホームレスが減ったでしょう」ということにしたいわけである。
しかしそのテントを追い出された人たちは、路上に流れただけであって、ホームレスの数は減っていないのである。

今までにも、東京・大阪・愛知といった大都市では、何か催しがあるたびに何回も起こったことである。
神さんたちの話し合いはなかなかまとまらなかった。
徹底的に戦うべきだという人、いまがチャンスだからホームレスから脱出しようとする人が真っ二つに分かれたのである。

続く

執筆: この記事は松田良一さんのブログ『ホームレスのおっちゃんの溜め息』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。