ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

妊娠初期の遠方出張。つわりが辛くてもひたすら耐えるしかできなくて…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope01:20160923195647j:plain

産前に勤めていた会社は女性が多く、生理などで体調がすぐれない時は休める理解のある職場でした。妊娠2ヶ月目であると伝えた時は、みんな自分のことのように喜んでくれて、「なるべく無理しないで!」などと気をつかってくれるようになりました。

しかし、ちょうど繁忙期に入り、仕事の量は一向に減りません。それに予想以上に重いつわりで、業務をこなすのも一苦労…。そんな時に、急に東北への出張が入ってしまったのです。しかも車移動で、軽く7.8時間は乗りっぱなし。それは、妊娠3ヶ月過ぎた自分の体を考えれば、無理なことでした。すぐに上司に相談すると「車は大変だから新幹線で行っていいよ」とのこと。「えー!そういう問題じゃない!」と心の中で叫びつつも、代わりに出張へ行ける人もおらず、結局私が新幹線で行くことになりました。 関連記事:配慮してもらうと他の人の負担が増えてしまう…。孤独で涙、働きながらの妊婦生活

出張当日、体調は絶不調…。朝、夫に「やめた方がいい。何かあったらどうするの?」と言われて、思わず涙。「だって、誰も代わってくれないし、無責任なことはできない!!」と、ついつい声を荒げてしまいました。

そのまま半べそをかきながら、何とか新幹線に乗り込みます。しかし、駅に着いてからレンタカーでさらに移動する際、舗装されていない道路で激しい車の揺れが続きました。元々車酔いしやすいタイプでしたが、もう吐き気も耐えられないレベルに。同行者は社外の方。安定期に入ってない時期で妊娠を打ち明けられず、ひたすら隠すことしかできません。途中休憩のコンビニに着いた途端にトイレにダッシュ!一人こもって何とか気持ち悪さを和らげ、正気を取り戻そうとしました。

目的地でも症状はおさまらず、ぐったりしていたところ、追い打ちをかけることが起きました。現場の方に「人の話を全然聞いてないよね?やる気あるのか!」という一言。おそらく、その方はいつもと違う私の様子に気づき、奮起させるために言ってくれたのだと思います。しかし、気持ち悪いのを耐えるだけで精一杯。それなのに、その言葉でさらに傷つきます。頭痛が激しくなり、トイレへ駆け込んで、息を殺しながら泣いていました。

会社の理解を得られても、現実には仕事量を急に減らすことはできない。安定期に入るまで周りに相談できない。つわりが激しい。こういった様々なことが重なり、私の頭はパニックになってしまいました。正直、どうやって都内に帰ったかもあまり覚えていません。

それ以降は、出張もなくなり、仕事量も減らしてもらいましたが、あんな辛い経験は二度としたくないと思っています。安定期に入るまで無理がきかなくなることを、もっと周囲に説明していれば、理解してもらえたら…と後悔したのでした。 関連記事:普通にしているだけでHPがどんどん減っていく…!受難続きの「にんしんステータス」 byネジ子

著者:bianao

年齢:20代後半

子どもの年齢:0歳2か月

今年5月に出産した、現在初めての育児に奮闘中のママライターです。出産・育児について体験談を交えつつ、面白可笑しく、そして詳しくお伝えしていきます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まさかのトラブル…
180度変わる世界
待望の妊娠、けれど仕事の繁忙期に切迫流産に。自宅安静中に職場からの連絡の嵐が…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。