ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

人気絶頂の中で悲劇に襲われた伝説のシンガー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人気絶頂の中で悲劇に襲われた伝説のシンガー
J-WAVEで放送中の番組「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」(ナビゲーター:滝川クリステル)。4月2日(日)のオンエアでは、この日が命日のブラジルのシンガー、クララ・ヌネスと、同じくこの日に生誕89年を迎えたフランスの亡き大御所、セルジュ・ゲンズブールの歌声を特集しました。

クララ・ヌネスは1942年生まれ。最初は、ロマンチックなサンバを歌っていましたが、アフリカのアンゴラを訪れたことをきっかけにブラジル音楽のルーツに目覚め、リオの老舗サンバチーム「ポルテーラ」の門を叩きました。サンバをはじめ、バイーアのアフロ・ブラジル音楽、ブラジル北東部の音楽などを歌って次々にヒットを放ち、スターの座に君臨。1982年には、来日公演も行ないました。ところが…

人気絶頂の彼女を悲劇が襲います。1983年、簡単な手術を受けるための入院中に昏睡状態となり、4月2日未明、40歳という若さで帰らぬ人となってしまいました。それから34年。彼女の歌声は今もブラジルの人々の心に響き続け、大勢の女性シンガーが彼女のレパートリーを歌い続けています。

ということで、番組ではクララ・ヌネスの歌う、サンバチーム「ポルテーラ」を讃える曲「ポルテーラ・ナ・アヴェニーダ」や、遺作となってしまった82年盤から、アフロ・ブラジル文化の伝統に根ざしたバイーアの音楽団体を讃えた曲「イエジャー」などをお送りしました。

続いて、この日に生誕89年を迎えた、今は亡きフランスの大御所セルジュ・ゲンズブール。彼はシンガー、ソングライター、映画監督、俳優、小説家などさまざまな顔をもち、ブリジット・バルドー、ジェーン・バーキンら大勢の女性たちとの愛の遍歴を重ね、1991年、62歳で世を去りました。

「私も小さい頃、必ずテレビではゲンズブールが流れていました」と滝川。ご両親が彼の大ファンでよく話を聞かされていたそうです。今も彼が生前に住んでいた家がパリに残っているらしく、滝川も訪れたことがあるそうですが、「家の壁には国民の皆さんが、彼を偲んで彼の顔を描いていたり、例えばジェーン・バーキンと一緒の彼だったり、ブリジット・バルドーだったり…」(滝川)と、絵や彼への愛のメッセージが描かれているのだそう。フランス国民から本当に愛されていたのですね。

オンエアでは、セルジュが初めて手がけた映画音楽、映画「唇によだれ」(1960年)のテーマ曲「唇によだれ」や、60年代のヒット曲で大勢の歌手がカヴァーしている名曲「クーラー・カフェ」をお送りしました。

2人の名前は聞いたことがあっても、音楽を聴いたことがなかったという方は、この機会にぜひ聴いてみてはいかがでしょうか。その歌声からは、亡くなった今でも彼らが愛されている理由が窺えるはずです。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…」
放送日時:毎週日曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/saude/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。