ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フランス革命に影響を与えた? 男がマリーアントワネットの大好物を食べてもいいじゃない!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uchitomi:20170215115028j:plain

こんにちは。最近、小さくて温かいものなら何でも「カワイイ!」と言ってしまうほど、可愛さ審査が甘くなってきました。放送作家の高橋です。

先日、「ヴェルサイユ宮殿監修 マリー・アントワネット展」を見に行って、ますます乙女ゴコロが刺激されてしまいました。

「パンが無ければ、ケーキを食べればいいじゃない」という言葉は、実はマリー・アントワネットの発言ではないそうです。

しかし、他人にそう思われるほど、おいしいものを食べていて、また彼女自身もおいしいものや甘いもの、そしてかわいいものが大好きだったそう。

私もあんなに豪華じゃなくてもいいから、キュートなマリーの気分を味わいたい!

今回は、そんなマリー・アントワネットの大好物だったと言われているのが、おいしくて見た目もかわいい「クグロフ」という菓子。

「クグロフ」とはフランス・アルザス地方のお菓子で、粉砂糖をたっぷり振りかけて食べるという甘党男子にも感涙モノの味わいなはず。日本に専門店があるというので、「クグロフ・キャラメリゼ(3,402円)」をお取り寄せしてみました!

とってもかわいい箱が到着しました

f:id:uchitomi:20170215115002j:plain

お取り寄せしたお店は、「クグロフ専門店KOBE MERVEILLE(メルヴェイユ)」

東京の有名フランス洋菓子店で修業をしたパティシエ、楊井 佑輝緒(やない ゆきお)さんが、神戸に構えたお店です。受注生産のみでひとつひとつ丁寧に焼きあげているそうです。

f:id:uchitomi:20170215114951j:plain

外箱を開けると、ゴールドの月が輝くさらにかわいい箱が出てきました。神戸オリエンタルホテルでもお取り扱いがあり、おめでたい席に持って行っても喜ばれそうですね。

f:id:Meshi2_IB:20170302113928j:plain

ゴールドの箱をオープン。「クグロフ」をおいしく食べるコツが書かれたカードと、「クグロフ・キャラメリゼ」。テンションが上がります。

f:id:uchitomi:20170215115144j:plain

三日月型のカードは、メルヴェイユがオススメする厚さ8mmでカットできるように、目盛りが付いています。

f:id:Meshi2_IB:20170315104311j:plain

それでは、さっそくフィルムを取って……、

f:id:uchitomi:20170215114804j:plain

「クグロフ」が現れましたー!

f:id:uchitomi:20170215114820j:plain

フォルムがもうすでにロココ調ですもんね。キャラメリゼの甘い香りが漂ってきました。

f:id:uchitomi:20170215115013j:plain

8mmの厚さにしっかり合わせてカットしました。

f:id:uchitomi:20170215115119j:plain

おいしさがズッシリと詰まっているような、心地よい重さの切れ味です。

かわいい見た目に、ちょっぴりビターな大人の味わい

f:id:uchitomi:20170215114833j:plain

紅茶を用意している間に、たまらず包丁に付いた「クグロフ」のカケラをつまんでしまった事を自白したところで、準備が出来たのでさっそくいただきます。

しっとりした口当たりに、周りのシューガーコーティングがじんわり溶けて、だんだん味が濃厚になっていく感じがします。中に入ったナッツの食感がアクセントになっていて、食べ応えも十分です。

f:id:uchitomi:20170215114915j:plain

あぁ、もうなくなってしまう……。冷蔵庫で冷やしてから食べると、ギュっと引き締まった生地を味わえるのでオススメだそう。個人的には、かんだ時にふんわりと広がるお酒の香りと、「クグロフ」の底部分の生地の濃厚さが、とってもおいしかったです。

マリー・アントワネットと関係が深いヴェルサイユ宮殿では、お茶会の文化がまだ根付いていなかった17世紀の初めごろから、お茶とお菓子を楽しむ社交の場があったそうです。

時代が変わっても、マリー・アントワネットが愛したかわいくおいしい「クグロフ」の魅力は、現在にまで伝わっているんですね。当時の王室文化を味わいながら歴史ロマンに浸るというのもオツなものではないでしょうか?

お店情報

クグロフ専門店KOBE MERVEILLE

住所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-10-1

電話番号:0120-17-9962

営業時間:10:00~17:00

定休日:土曜日・日曜日・祝日

ウェブサイト:http://www.merveille-lune.jp

※この記事は2017年3月の情報です。

金額はすべて税込みです(別途、送料がかかります。詳しくはウェブサイトでご確認ください)。

書いた人:うちとみ運輸

うちとみ運輸

放送作家、構成作家が所属するエンタメ集団。お笑いライブ、テレビ制作、舞台演出、Web記事制作などを主に活動を行う謎の集団。現在、月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【嫁さん評価★4つ】料理は見た目? それでもかき混ぜて食べたい「ツナマヨTKG」
【嫁さん評価★4つ】主夫 かめきちパパの「冷凍ほうれん草」でピリ辛つまみ【今週は鶏肉】
料理研究家が忙しい時に食べる「サク飯」ってやっぱり栄養バランスいいの? 聞いてみた【かめきちパパさん編】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。