体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今春も2日間だけオープン「浅草ライヲン百貨店」2017年春も開催

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_001

全国から約30のショップや作家さんが集結

2017年4月8日(土)・9(日)の2日間、東京・浅草の「LION BUILDING STUDIO(ライオン ビルディング スタジオ)」にて、「浅草ライヲン百貨店2017年春」が開催されます。

1934年に建てられた元銀行のレトロな3階建てのビル全体を会場に、春と秋の2日間だけオープンする小さな百貨店。6回目となる今回も、各地から約30のショップや作家さんが集まり、さまざまな国の雑貨やクラフト、植物、フードなどが並びます。

1階はクラフトや和骨董、古道具、花が並び、偶然通りかかった人も入りやすい雰囲気。2階はアンティーク着物やクラフト、インテリア雑貨、3階はヴィンテージファションとアンティークヴィンテージ雑貨です。

3階の一角では「作家さんの小部屋」があるほか、9日(日)には音楽とイラストの物語創作ユニット「nanakusabue」による音楽紙芝居が上演される予定です。

今回もデパートのように休憩スペースが設けられる屋上には、カフェやお菓子屋さんなどが出店します。8日(土)は谷中界隈に出没する「移動屋台ぐりぐり」、9日(日)は中村橋の「fato.」が登場。美味しいもので休憩しながら、じっくり会場を満喫してみてください。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_002 左:布花やヴィンテージスパンコールのスワンや蝶などを生み出す「nico handwork items」は、3Fの「作家の小部屋」に出店します。

右:毎回「ライヲン百貨店」の入口に出店している桜新町のフラワーショップ「Fleuriste PETIT à PETIT(プチタプチ)」。今回も色鮮やかなお花で皆さんを出迎えてくれます。

asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_003 こちらは「juno」の作品。 asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_004 ヨーロッパのアンティークジュエリーやアクセサリー、メガネなどを扱う「Gypsy Antiques」。 asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_005 オリジナルのイラストを描いて、そのイラストを元に判子を彫って作品にしている「江連判子店」からは、判子の展示販売と、ポチ袋やカレンダーなどの季節の紙雑貨を販売する予定です。 asakusa_lion_hyakkaten_2017spring_006 植物を主なモチーフとして、白磁のアクセサリを制作しているkoichimatsumoto(まつもと こういち)さんの作品。
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。