ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

撮影は自撮り!?「AERA」にて星野源の新連載スタート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


スタッフもカメラマンもマネージャーも、誰もいない部屋で、星野源とゲストがふたりきりで話すという、出版業界初(たぶん)の画期的な新連載「ふたりきりで話そう」がニュース週刊誌「AERA(アエラ)」にてスタート。

同連載は、昨年4月より続けてきた対談連載「音楽の話をしよう」をリニューアルしたもので、初回は本日4月3日(月)発売の「4月10日号」。

ヘアメイクもスタイリストもつけずに、撮影はなんと自撮り!テーマも設けずに思いのままに雑談するというもので、話の内容を知っているのはテーブルに置かれたボイスレコーダーのみ…。

そして、記念すべき最初のゲストは…びっくりなことに星野源ご本人!いったいなぜこんなことを?話の展開はいかに?続きはぜひ、書店でどうぞ。


本日発売の「AERA」は、蜷川実花撮影によるスカーレット・ヨハンソンが表紙。パッと目を惹く華やかな春らしい色合いは、店頭でもひと際目を惹くはず!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。