ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

蟻(ex.蟲ふるう夜に)によるキミノオルフェ「バックパック」MV公開! 主演はあの大河ドラマの元子役

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
蟻(ex.蟲ふるう夜に)によるキミノオルフェ「バックパック」MV公開! 主演はあの大河ドラマの元子役

 キミノオルフェの新曲「バックパック」のミュージックビデオが公開された(https://youtu.be/Fk6JS81tBJQ)。

キミノオルフェ 関連画像

 キミノオルフェは蟻(ex.蟲ふるう夜に)のソロプロジェクト。「キミの吟遊詩人になる」というコンセプトのもと、本人の手による詩、曲、イラストで「人が抱える物語」を紡いできた。

 今回のMVは、スチールカメラマンとしては数多くの作品に関わっており、今回が初の映像作品発表となる“きるけ”が撮影監督、蟻が初監督を務めた作品。主演俳優の川口和宥は2000年生まれの16歳。2014年に放送されたNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で幼少期の後藤又兵衛を演じるなど実力派の子役俳優として知られるが、その後、大人の俳優への脱皮に葛藤を抱えていた。

 今回、川口はオーディションでそのリアルな葛藤を吐露。楽曲のテーマ「ゆとりの最前列を歩かされている世代が、そのモヤモヤを越えて“夢”や“希望”を掴む物語」と重なり起用となった。

◎蟻-コメント
夢や仕事や恋愛、何でもそうですけどうまく進む時と止まる時はあって。
止まる時に自分のどこがいけないのかって出口のない問題に堂々巡りしたりする。
川口さんが子役から“役者”と呼ばれる存在に変わっていく中での葛藤は、今しか撮れない瞬間でとても魅力的でした。
川口さんの表情を通して、同じような悩みを抱える人達の背中を押せたらなと思います。

◎川口和宥-コメント
僕は今回、MV「バックパック」の撮影に携われとてもいい経験をさせていただけたことをとてもありがたく思います。
僕のこれからの俳優人生においての課題も見え、その事に気づけた事、また僕自身の悩みを解決するきっかけを掴むことが出来たと思います。
この撮影を生かし精進して行きますので、僕自身の成長にも期待していてください。

関連記事リンク(外部サイト)

蟻(キミノオルフェ/ex.蟲ふるう夜に)×watabokuの友情から生まれたコラボ曲「職業空想家」公開
Maison book girl『river(cloudy irony)』インタビュー
CIVILIAN、新曲「サクラノ前夜」直筆リリックビデオ公開&5月ワンマンツアー発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。