体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハードボイルド・「磯料理」の世界 ~ 食べ歩きマニア道 其の9【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20170323174421j:plain

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

各担当者が自分の好きな料理を徹底的にマニアックに掘り下げ、みなさんに魅力を伝える当シリーズの第9弾。

今回は現地に訪れなければ絶対に味わえない「磯料理」の魅力に迫ります。

「磯料理」の世界

f:id:tabearukist:20170323174308j:plain

私が考える「磯料理」の定義は、こちらの3つの項目に該当していることがポイントになります。

海のそばで、地魚が水揚げされる漁港から活魚や鮮魚を直接仕入れている 水揚げされた鮮魚をその日のうちに調理して料理を提供している 現地に訪れなければ味わえない、名物料理を提供している

漁港近くに心踊る名店あり

f:id:tabearukist:20170323173805j:plain

そのお店は、神奈川県小田原市、江の浦漁港の近くにあります。

f:id:tabearukist:20170323173759j:plain

江の浦漁港の堤防は絶好の釣りポイントということもあり、取材をした週末のこの日も多くの釣り客で賑わっていました。

f:id:tabearukist:20170323173815j:plain

江の浦漁港から一歩中に入ると狭い路地があり、懐かしさが交差する時間が止まったような昔ながらの風情が漂っています。

f:id:tabearukist:20170323173817j:plain

そんな場所の一角に、創業45年になる「磯料理 一吉丸」はあります。

長年魚と向き合ってきたプロならではの目利きで、毎朝知り合いの漁師から上質な鮮魚を直接仕入れ、それぞれの持ち味をいかした料理を提供しています。

屋号の「一吉丸」は船の名前で、漁師だったご主人の祖父と父の名前を一文字ずつ合わせてつけられたそうです。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会