体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

粉物は常温保存NG!「パンケーキシンドローム」実体験漫画が話題に

粉物は常温保存NG!「パンケーキシンドローム」実体験漫画が話題に

 命を落とす危険性もある「パンケーキシンドローム(パンケーキ症候群)」ってご存知ですか?名前だけ聞くと「パンケーキ食べたいよぅ」と禁断症状を訴える病気に思えますが違うんです。とある出来事から発症したTwitterユーザーのさくさん(@39saxan)の実体験漫画が話題になっています。

【すべての画像や動画はこちら】

■お好み焼きを食べたら呼吸困難に

 ある日、自宅にて家族の皆さんと夕食にお好み焼きをつくって食べていたさくさんは、口の中がピリピリする感触を覚えたそうです。おかしいなと思いながらもいつも通り過ごしていたところ、食事を終えてから10分後に軽い呼吸困難に。一緒に食事をした娘さんもお風呂の中で息苦しくなり、旦那さんにも喉がイガイガする症状が現れたそうです。慌てて食べたものの食材をチェックしたところ、お好み焼き粉の賞味期限が1年半過ぎており、さらにずっと常温にて放置していたことが発覚。

 夜間の救急病棟に向かうことになりましたが、その間もさくさんと娘さんの症状は悪化していきました。



■医師「聞いたことがない症状」

 病院に到着し医師から問診を受けたさくさん。しかし担当医師から「お好み焼き粉で、そのようなアレルギー症状が出るとは聞いたことがない。アレルギー反応だとは思うけど、明朝にアレルギー科を受診するように」と言われたそうです。その間にもさくさんには嘔吐と下痢の症状があり、ひどい蕁麻疹が出ている娘さんは点滴を受けたそうです。

 幸い、翌朝にはほぼ回復していたそうですが、「十分恐かった」とさくさんは作中で語っています。

■原因は粉物の中で大量発生したダニ

 翌朝、アレルギー科を受診したさくさん。しかしながら、そこでも担当医師は「わからない」。専門の病院への紹介状をもらい遠方の病院まで足を運んだそうです。

 そこでようやく国立病院の担当医師から「数年前からメディアで取り上げられていますが、古い粉にはダニが繁殖しているんですよ」と聞かされ、一連の症状が“パンケーキシンドローム”と呼ばれるものだったことがわかったそうです。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。