体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野源の新連載「ふたりきりで話そう」が『AERA』でスタート、初回ゲストは“星野源”

星野源の新連載「ふたりきりで話そう」が『AERA』でスタート、初回ゲストは“星野源”

星野源の新連載「ふたりきりで話そう」が、本日4月3日発売のニュース週刊誌『AERA』(朝日新聞出版)でスタートした。

この新連載は、昨年4月から続けてきた対談連載「音楽の話をしよう」をリニューアルしたもの。スタッフもカメラマンもマネージャーも誰もいない部屋で、星野とゲストがふたりきりで対談し、テーマは設けずに思いのままに雑談を行う。ヘアメイクもスタイリストもつけずに、撮影は自撮り。話の内容を知っているのは、テーブルに置かれたボイスレコーダーのみと、出版業界初の画期的な試みの企画となっている。

そして、4月のゲストは“星野源”本人。いったいなぜこんなことになったのか、本誌では新たな試みへの思いを存分に語っている。

書籍情報

『AERA』2017年4月10日号
2017年4月3日発売
表紙:スカーレット・ヨハンソン
撮影:蜷川実花
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=18963

関連リンク

星野源 オフィシャルサイトhttp://www.hoshinogen.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。