体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【LOVE BOX 2017】w-inds./三浦大知/遊助/スダンナユズユリー(from E-girls)/Block Bなど登場で“LOVE”に溢れた一日

【LOVE BOX 2017】w-inds./三浦大知/遊助/スダンナユズユリー(from E-girls)/Block Bなど登場で“LOVE”に溢れた一日

 テレビ朝日系の音楽番組『musicるTV』と『BREAK OUT』が主催するライブイベント【musicるTV × BREAK OUT presents LOVE BOX 2017】が、2017年4月1日に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた。

【LOVE BOX 2017】写真(全72枚)

 今年は会場中をより「LOVE」でいっぱいにするために、過去最多となる豪華12組のアーティストたちと大勢のオーディエンスが代々木競技場第一体育館に集結。開場中には平均年齢16歳のガールズバンド・GIRLFRIENDが「musicるTV LOVES アーティスト」として登場。大塚 愛の「さくらんぼ」をカバーした後、今年2月にリリースした2ndシングル「一直線」を披露。フレッシュかつパワフルな演奏を会場全体に響かせた。

 そして今回のオープニングアーティストは、大阪からやってきた3人組ボーカルユニットのベリーグッドマン。HiDEXのヒューマンビートボックスと共に3人が登場。オーディエンスとのコールアンドレスポンスで会場を温めた。続いて「コンパス」をアカペラで披露し、そのままメッセージソング「ライトスタンド」へ。ラストは、3月発売のアルバム『Spring Spring Spring』より「はじまりの恋」を披露し、初出演となった【LOVE BOX】のオープニングアクトを務めあげた。

 オープニングには『musicるTV』MCのヒャダイン、綾小路翔と、『BREAK OUT』ナビゲーターのIMALUの3人が登場。イベント恒例となった手でハートを作るコールアンドレスポンスでライブがスタートする。

 最初のアーティストには、6人組本格派ダンス&ボーカルグループ・原駅ステージA(エース)が登場。重厚感のあるビートに乗せ、その華奢な体からは想像もつかないほどのキレキレで力強いソロダンスを披露し、続けてダンスに歌を乗せた「Rockstar」。MCで自己紹介を終えた後、3月にリリースした2ndシングル「キャノンボール」「青い赤」へ。「青い赤」では、より激しいダンスに加え、ラップのような早い歌い回しもこなし、本格派と言われるにふさわしい堂々たるパフォーマンスで会場を沸かせた。

 E-girlsから飛び出した3人組ガールズヒップホップユニット・スダンナユズユリーは、彼女たちの本格ラップが繰り広げられる「こんにちWhat’s up!」からスタート。会場を一気に縦ノリの雰囲気につくり変えた。続けて、今年3月にリリースされた1stシングルから「OH BOY」へ。キレのあるダンスと武部柚那(vo)の透き通った歌声を披露した。ラスト「First Time」では、MC YURINOと須田アンナ2人のラップもより冴え渡り、迫力のパフォーマンスでステージを飾った。

 2015年1月に日本デビューして以来、世界的な人気を誇る韓国の男性7人組ユニット・Block Bが登場すると、会場は割れんばかりの歓声に包まれる。バックダンサー6人を引き連れ「Very Good(Japanese Version)」でパフォーマンスがスタート。続いて、3月にリリースしたばかりの日本5thシングル「Yesterday(Japanese Version)」、MCをはさみ、リーダーZICOが書き下ろした、メロウな雰囲気をまとったミドルバラード「Toy(Japanese Version)」、再びMCをはさみ、『Yesterday』のカップリング曲「Walkin’ In The Rain(Japanese Version)」を披露。ラストはアップテンポでラップが冴え渡る「HER (Japanese Version)」でパフォーマンスを締めくくった。

 今や海外でも凄まじい人気を誇るダンス&ボーカルユニット・w-inds.は、バックダンサーを引き連れ登場。今年3月にリリースした、自身ら2年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『INVISIBLE』より「Boom Word Up」を披露。続けて「Drop Drop」「夢で逢えるのに~Sometimes I Cry~」へ。MC後、再びバックダンサーと共にパフォーマンスしたダンスナンバー「We Don’t Need To Talk Anymore」では、しっとりとしたスローなメロディーに乗り、指先まで揃ったダンスを見せた。ラストは、「Let’s get it on Remix」「New World Remix」と続けてダンスナンバーを披露。世界に認められるパフォーマンスを大いに見せつけた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。