ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

知らないと損!進化するフィッシング詐欺の手口

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
知らないと損!進化するフィッシング詐欺の手口

フィッシング詐欺とは「本物によく似た偽サイト(フィッシングサイト)」を作り、「メールなどでその偽サイトにアクセス」させ、「偽のログイン画面で、ターゲットのIDとパスワードを盗む」という詐欺手法です。進化するフィッシング詐欺の手口を知っておいて損はないでしょう。

フィッシング詐欺のメールが巧妙化

2003年頃から報告されている古い手口ですが、本物ソックリに作り込んだ偽サイトや、セキュリティの不安を煽って誘導するなど、次から次へと現れる狡猾な手法にまんまとひっかかる人は多いようです。

最近では、フィッシングサイトに誘導するためのフィッシング詐欺メールも巧妙化。以前は明らかにおかしな日本語のメールが多かったものですが、今ではHTMLメールにロゴなどを絶妙に配置して、本物と見まがうようなデザインです。

しかも、スマホの場合はブラウザでのURLの表示が簡略化されているのも厄介なところ。本物そっくりのデザインのサイトでIDとパスワードを要求されたら、そのまま入力してしまう気持ちもわかります。

フィッシング詐欺で中華アプリ課金

盗まれたIDとパスワードをさまざまなWebサイトで使い回していれば、フィッシング詐欺によって壊滅的な被害を被ります。また、多くのサービスに紐付けられたGoogleアカウントの情報が盗まれると、それだけで被害は甚大です。

フィッシング詐欺にの被害としては、本人になりすましてメールアドレスの送受信、カード決済、スマホの課金など。「身に覚えのない中華アプリで課金された…」といった被害もよく耳にします。

最新のメールソフトやブラウザを利用していれば、偽サイトへのリンク先へ直接飛ぶ前に警告が出るケースもあります。が、古いバージョンを利用していたり、メール以外の誘導もあって騙される人は後を絶たないようです。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。