ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

テクノの巨匠ジェフ・ミルズ、井浦新/瑛太ら出演の映画『光』で音楽を担当

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
テクノの巨匠ジェフ・ミルズ、井浦新/瑛太ら出演の映画『光』で音楽を担当

 三浦しをん原作・大森立嗣監督による映画『光』で、テクノの巨匠、ジェフ・ミルズが全編に渡って音楽を手掛けていることがわかった。

【関連画像】

 現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンル“デトロイト・テクノ”のパイオニア的存在で、DJとして年間100回近く世界中のイベントに出演するジェフ・ミルズ。2017年2月には、クラシックとテクノを融合したコンサートも日本で実施し、音楽界に革新を起こす存在として世界中の注目を集めている。

 今回は大森監督からの熱いオファーに応えて、ミルズ自身初となる劇場公開映画への音楽提供が決定。ミルズは制作について「サウンドトラックが、そのシーンの新たな登場人物である様子を想像しました。また、音楽が登場人物の内なる声として存在してほしかったのです。すべての音の要素が目的を持っている、そんな楽曲作りを心がけました」と明かした。また、映画については、「頭を空にして、オープンマインドでこの映画を見にきてほしい、それが僕からのメッセージかな」と語っている。

 そして、大森監督は「出来上がった映画『光』はタイトルの如く、恒星のように発光していました。俳優が宇宙人のように見えたり、別の星の話に感じたり、地球の重力から解放されたような錯覚すらあったのです。今までこんな映画があっただろうか、すごいことになるぞという感じがしました。ぜひ映像、ストーリー、音楽がどう共鳴しあっているかを体感していただきたいと思います」とコメントしている。

 三浦しをんの同名小説をもとにした映画『光』は、東京の離島で育ち、島を襲った津波から数人の大人と共に生き残った信之(井浦新)、恋人の美花(長谷川京子)、年下の幼なじみの輔(瑛太)の3人が、25年後に再会するという物語。信之が美花を守るために犯した罪を秘密として共有する3人が再び巡り会い、過去と向き合う姿が描かれている。さらに、信之の妻・南海子には橋本マナミが起用されている。なお、映画は2017年11月下旬より、新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国ロードショー。

 

関連記事リンク(外部サイト)

ジェフ・ミルズ×東京フィル【爆クラ!】公演スタート
ジェフ・ミルズ 2/21放送『スッキリ!!』にインタビュー出演
ジェフ・ミルズ来日公演にU-zhaan緊急参戦! 『AERA』表紙に蜷川実花撮影で登場も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。