ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【深ヨミ】乃木坂46『インフルエンサー』CDセールスは微増、他の広がりは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】乃木坂46『インフルエンサー』CDセールスは微増、他の広がりは?

 4月3日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、乃木坂46の17thシングル『インフルエンサー』が849,478枚という圧巻の数字を叩き出しトップに。これで同チャート通算13回目の1位を獲得した。

 CDのリリース前から表題曲のミュージックビデオが“過去最高の高速ダンス”として話題を集めていた本作。2位以下を寄せ付けないセールスをあげてチャートを制した。リリースのたびにビッグセールスをあげている乃木坂46。彼女たちの活躍を目にする機会が増えてファンも増加している中、CDの売上げも右肩上がりなのか。今回は、2ndアルバム『それぞれの椅子』以降にリリースしたシングルの初週売上げをまとめてみた。
2016年7月27日リリース
『裸足でSummer』749,497枚
2016年11月9日リリース
『サヨナラの意味』847,735枚
2017年3月22日リリース
『インフルエンサー』849,478枚
 『サヨナラの意味』では、前作より約10万枚という大幅なセールス増を記録。約3か月の間に多くの人が彼女たちのファンになったと考えられる。そして『インフルエンサー』はというと、前作より約2,000枚増に留まった。ファンが増えたというよりも高い人気が安定したということが読み取れる。

 一方、Billboard JAPANの総合ソングチャート“JAPAN HOT100”を見てみると、こちらでも「インフルエンサー」が1位。7つの指標から生成されるこのチャートの各データを見てみると、ラジオ4位、ダウンロード9位、ルックアップ1位、Twitter2位、ストリーミング8位、動画再生9位とCD以外でもバランス良くポイントを積み重ねている。ここからわかることは、CDはもちろん、それ以外でもこの作品に触れているユーザーが多いということだ。彼女たちの人気が様々な方向に広がっていることがわかる結果となった。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】乃木坂46『インフルエンサー』849,478枚を売り上げシングル・セールス1位 AKB48『シュートサイン』は130万枚超え
【ビルボード】84.9万枚を売り上げ乃木坂46「インフルエンサー」が総合首位 菅田将暉「見たこともない景色」ダウンロード2位で総合4位に初登場
乃木坂46・3期生の大園桃子、イジリーの“放送コードぎりぎり”な格好にドン引き…? バラエティの洗礼受けた山下美月は「疲労困憊です」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。