体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ポテトチップスパクチー味』と『パクチー&レモネード』、パクチストを満足させるのはどっちだ!?

パクチーブームは衰えない。またまたパクチー味の商品が登場。今回は1日違いで発売されたカルビー『ポテトチップス パクチー味』ポッカサッポロフード&ビバレッジ『ワールドレモネード パクチー&レモネード』をチェックしてみよう! パクチスト(パクチー愛好家のこと)を満足させることが出来るのか。

パウダーだけでなく、パクチーの種(コリアンダーシード)まで使用した『ポテトチップス パクチー味』

カルビーのポテトチップスであれば美味しさは間違いなさそうな気配。カルビー『ポテトチップス パクチー味』(70g・実勢価格税込約150円・2017年3月20日発売)が特徴的なのは、味付けにパクチーパウダーだけでなく、パクチーの種(コリアンダーシード)が使われていること。これがよりパクチーの風味を感じさせるという。

封を開けてみると、パクチーの香りが主張するというよりは割と普通の感じ。チキンパウダーも使われていることもあり、どちらかというとチキン風味のようにも感じる。シンプルな塩味をベースにしており、レモングラスやレモン果汁パウダーも使用しているので爽やかな風味。

 

肝心のパクチーはと言うと、パクチストから言わせるとやや物足りなさがあるかもしれない。優しい風味であり、「どこにパクチーがあるの?」と思う人も多いかも。しかし、逆に言うとパクチーのあの強烈さはないので、パクチーが苦手の人でもこれなら食べられるだろう。塩っけがあり味わいがしっかりとしているので普通に美味しくておススメである。期間限定となっているが、定番にしてもらいたいくらいの美味しさだ。生のパクチーをプラスして頂く「追いパク」もオススメの食べ方とのこと。確かに、パクチーサラダなどのトッピングにしたらかなり美味しいかもしれない。

1袋(70g)あたり387kcal。
アレルギー表示:小麦・鶏肉

公式サイト

 

果実感のあるレモネードに独特なパクチーの香りを加えた『ワールドレモネード パクチー&レモネード』

もうひとつはポッカサッポロフード&ビバレッジ『ワールドレモネード パクチー&レモネード』(500ml・実勢価格約150円・2017年3月21日発売)。パクチーが飲み物になるとはなかなかチャレンジャーのような気がするが、パクチーを使ったカクテルなどがあるので意外といけるのではと想像がつく。「ワールドレモネード」とは、世界中の様々な素材を組み合わせた 『おいしさ』と『驚き』のあるレモネードを提供するブランド名。第二弾として発売されたのが、今回の「パクチー&レモネード」だ。 ちなみに第一弾は「緑茶レモネード」。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会