体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3秒でできる!認知症介護で心にゆとりをあたえる2つの方法

生活・趣味

こんにちは。「認知症介護よりそいケアアドバイザー」石川深雪です。突然ですが、みなさんは仕事中、心にゆとりはありますか?認知症介護の仕事は、そのときどきで慌ただしさが天と地ほど違いますよね。なんだか今日は静かだな~っていうときと、こっちでは喧嘩、あっちでは転倒、そっちでトイレに行きたいと呼んでいる!そんなときに限って外線電話がかかってきたり…。

忙しいときは本当に大変。焦る気持ちはとてもよくわかります。わたしもそうでしたから。今日は、そんな忙しい中でもほんのちょっと心にゆとりを作る方法についてお伝えします。

心にゆとりがないとどうなるのか?

介護者の心にゆとりがないと、どんなことが起こると思いますか?みなさん経験したことがあるかもしれませんが、イライラして、呼吸は浅く、体に力が入って、顔つきもこわばってきます。つまり、身体の表面に出てきてしまうのです。

ここでちょっと考えてみてください。よくわからないところに来てしまって、突然知らない若造がなんだか怖い顔をしてどんどん近づいてくる。そして、「お風呂に行きましょう」「トイレに行きましょう」って誘われたら…。ついていきたいと思いますか?

現場でこういった状況を、ときどき見かけていました。そして、その誘いを断ったおじいちゃんおばあちゃんは、「介護拒否」と言われてしまうのです。もう気付いている人もみえるかと思いますが、介護拒否の原因のひとつは、介護者の心にゆとりがないことなんです。

どうやったらゆとりができる?

それではどうしたら心にゆとりを持って接することができるのでしょうか。簡単な2つの方法をお伝えいたします。

深呼吸をしましょう

体操などでも、「はい!吸って~はいて~」とやりますが、深呼吸するときは、はくことだけに意識をおいてください。まずは思いっきり息をはきます。細く強く口から息をはきだして、肺の中を空っぽにします。そして、吸うときは鼻から。

そうすると、空っぽの肺に自然に空気が送り込まれていきます。これだけで全身に酸素がいきわたってスッキリします。そして一瞬だけでも「呼吸」に意識を持っていくことで、頭の中のイライラも一旦リセットされるんです。これは以前コーチングの勉強の中で学んだのですが、ずっとネガティブな思考が続くととっても苦しいです。ですので、ほんの数秒、一瞬でもいいので、別のことに集中して、ネガティブ思考を切断してみてください。

ゆっくり近づきましょう

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会