ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

浅草の人力車芸人が語る、浅草のおすすめ観光コース

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回お話を伺ったのは、ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ「ラ・ラベスト」のミドリカワさん。お笑い芸人をする傍ら、浅草で「人力車の飛脚」の仕事をしているというミドリカワさんが教えてくれる、人力車、ひいては浅草の裏側とは………!?

SONY DSC

―――今日は人力車の話を伺います。「人力車の飛脚をやられている」ということで、もう何年くらいやっているんですか?

もう3年くらいですかね。

―――ちなみに浅草ですか?どうして始めようと思ったんですか?

元々はですね、先輩の芸人さんに紹介してもらった形なんですけど、芸人やってるといろんなバイトがあったりして、コンビニであったりとか、そういうのもあるんですけど、スケジュール的に言えばコンビニの夜勤やってた方が都合が良かったりもあると思うんですけど、せっかくアルバイトしなきゃいけないんだったら、そこで「何か自分が得られるものがないかな」と思って、人力車だったら営業する時に、「お客さんと話をしたり」とか、そういう交流が出来ると思ったんです。あとは単純に、元々スポーツやってたんで、運動にもなって、トークの練習にもなりつつ、お金も稼げるって言ったら一石二鳥どころではない。それでやり始めましたね。

―――ちなみにスポーツは何やってたんですか?

サッカーをやっていました。

―――観光地である以上、外国人のお客さんとか多いと思うんですけど、あとは初対面の人、日本人もそうじゃないですか。やっぱり「知ってるお客さん」だけが来るわけじゃないですよね。そうなると当然「初めて会う人」と仲良くならなくちゃいけないんですよね。そういう時、どうやって仲良くなるんですか?

まず、駅から出てきたりとか、歩いてる人に声をかけるときに、どこを見るかっていうと、「浅草を楽しもうとして来ているな」っていうオーラを見分けるんです。大体。どこがどうとか、具体的に言い表せる訳じゃないんですけど、慣れてくるとなんとなく分かるので、そういう人になるべくそのテンションに合わせた挨拶とかすると。

―――仕事で来ている人とかでしょうか。そういう人はまた違うオーラなんですね?

駅下りた瞬間に上見たりとか、そういう仕草で観光に来ているなって分かるんです。「なんかあるかな?」みたいな感じで上を見たり周りを見たり。

そういう人はだいたい浅草を知ろうと思って、興味があってそこにいるので、「こんなのはどうですか?」って色々紹介すると、それに合わせて乗っかってきてくれる。押し売りするっていうよりは、「今日何をするのか」を色々と質問をして、「それだったらこうした方がいいんじゃないですか?」って言って、「せっかくなら人力車で行くといいですよ」みたいな話に持っていったりするんです。

外国の方もノリで声かけると乗ってくれたりもするんで。なおさら外国の方はテンションを上げて話し掛けたり、英語で言ったりしますね。

―――英語も出来るんですね?

人力車の車夫としては困らないくらいは。
挨拶、日常会話、ちょっと歴史の紹介するくらいですかね。

―――車夫って憧れる人が多いと思うんですけど、かと言って、誰でもなれる訳ではないですよね?

一応ここまで3年もやってみると、「これ正直誰でも出来るな」って思いますよ。何でかって言うと、「結構体力いるんじゃないかな?」って思いきや、意外とてこの原理が動いてるんで、車体を持ち上げてるって言うよりは、手を添えて寄りかかってる感じに近いんですよ。置いてる時はもちろん手前に負担がかかってるんですけど、ぐっとちょっとあげたらある程度の所からはてこの原理で、今度は逆に上に上がるんで、押さえつける感じなんです。

あとは走ってる時って、自分の振動で内臓が疲れたりして余計きついんですけど、人力車を持ってる時は、それ自体がクッションになってくれるので、上下動が内臓にかからないんです。だから、慣れてくるとちょっとした距離だったら人力車を持っていた方が楽だったりするんです。もちろん長距離になってくると、今度は足が疲れてきたりとかあるんですけどね。

そういうのを考えてみると、「コツさえ掴めば誰でも出来るな」っていうのがありますね。あとは人と喋る仕事なので、それがどうこうっていうのは多分本人次第だと思うんです。喋るのが好きだったらやってもいいですし、元々根暗っていうか、昔から地味だったタイプの人もいるんですよ。

―――車夫の中には?

でも、そこで「自分を変えよう」として色々な人と喋ったりとか、そういうことで段々明るくなってくるような人もいます。仕事の時だけでもスイッチを変えられる人もいるんで。そういうのがあるので、気持ちがあれば誰でも出来るかなって。

―――ちなみに、浅草初心者の観光客の方、初めて浅草に来た方に一番お勧めするコースって何ですか?なんというか、「これだったら絶対楽しいだろう」という。

これが意外と皆さん勘違いされてるんですけど、「一番最初に雷門から入って、浅草寺に仲見世を通っていく人」が多いんですよ。ほぼほぼこのコースなんですけど、でもよく考えてみると、仲見世通りってお土産街じゃないですか?あそこで売ってる食べ物も、あそこは食べ歩き禁止なので、そこで食べながらお寺まで行けるってこともないんで、本当にお土産を買いに行く場所なんです。行きの道でお土産って買わないじゃないですか?だからあそこを帰り道に通ってくるようにして、浅草は浅草寺が観光エリアのど真ん中に当たるので、わざと遠回りして下町とかを色々見ながら行くと、それこそ食べ歩きも出来ますし、下町の方に行くと、欽ちゃんとかタケシさんとかが仕事してたようなお笑いの町なんかもあるので、そういうところを見ながらお寺までぐるっと回ってくると帰り道にお参りも終わって、仲見世でお土産買いながら、雷門を出口に回ってこれるみたいな。もちろん他にも色々あるんですけど、まず「そこに最初に行かない」っていうのが一番いいことかもしれないですね。

―――これは知らなかったです。

意外と皆さん「何となく」で雷門、浅草寺に来てしまうので。

―――あと、ミドリカワさんがお勧めする浅草グルメ、ナンバー3まで教えてもらっていいですか?パパパっと3つくらい出て来る「美味しいもの」、これはうまかったなっていうのをベスト3から順に発表して頂いてもよろしいでしょうか?

まずベスト3。

SONY DSC

天丼。「葵丸進」さんの天丼です。浅草の天丼はですね、「江戸前てんぷら」と言いまして、ごま油で揚げてるんです。他のところのてんぷらよりは少し香ばしい香りがして、これ難しいのが、江戸っ子って、べた付のたれとかだったりとか、正直重いてんぷらが多いんですけど、浅草の江戸前てんぷらの中で、割と現代の方が食べてもそんなに重くないであろう丁度良いラインをついてるのが葵丸進さんかなって思います。メインの雷門通り、一番大きい通りに面してるお店で、結構間口も広いんで、団体の方が入ったりとかもあるので、かなりここにいらっしゃる方多いと思います。ご家族とかでも行けると思いますので。

―――3位が葵丸進の天丼。それでは、2位をお願いします。

2位が「正ちゃん」。知ってますかね?正ちゃんっていうのは、飲み屋街にある飲み屋さんなんですけど、ここのモツ煮が上手いんです。

―――もしかしたらホッピー通りですか?

ホッピー通りではあるんですけど、ちょっと離れてます。ホッピー通りの並びで、一区画離れたところなんですけど、そこのモツの丼が、イイ。飲み屋さんなんで、みんな酒の肴をつまんだりとかしてるんですけど、丼も食べれるんですよ。これがめちゃめちゃ好きですね。

―――メニューにあるんですか?

メニューにございます。意外とね、みんな飲みでつまみばっかりなんですけど、全然そのご飯だけでもいけちゃうくらい。

―――これは良いことを聞きました。今度行ったら食べてみます。

―――それでは1位は?

1位は本当ににちょっとベタ過ぎて恥ずかしいんですけど、浅草の食べ歩きのもので、浅草メンチ。正直、調べたら1位とかで出てくると思います。そこに異論はなく1位だと思います。お店は「浅草メンチ」っていう、仲見世通りのちょっと端っこを曲がったところにあるんですけどm食べ歩き出来るような感じで、普通に1個200円とかで、メンチカツが食べれるんですけど、玉ねぎとか大きめに切ってあったりして、そんなに重くないんですけどジューシーな感じになってます。かなりお勧めですね。食べ歩きするって方には「まずそこ行った方がいいよ」って一番最初にお勧めします。

―――ありがとうございます。良ければもうちょっと聞きたいです。今後、「ここがお勧めスポットになる」「今は穴場かも知れないけれども、今後はこれが来るぞ」というと所って、何かありますか?

僕個人的にはなのですが、何度もいらっしゃってるお客様、それこそお笑いのファンの方が乗りに来てくれたりも今あるんですけど、そういう方は何度もいらっしゃってるので、同じとこ回ってもしょうがないので、僕も常に新しいとこを冒険しようと思って、色々調べたりとかしてるんですけど、この前行ったのが、お客様に「好きな所に行っていいよ」って言われまして、「じゃあ僕まだ行ったことないんですけど、なるべく調べて情報仕入れているので、そこ行きましょうか」って言って行ったのが、両国の駅の向こう側にある、「回向院」っていう所です。

SONY DSC

そこはですね、「ねずみ小僧」の墓があるんです。そこへ行って、お墓のレプリカ的なものが置いてあるんですけど、それを石で削って、粉にして、それをポチ袋とかに入れて持ち歩くと運気が上がるっていうのがあって。そういうちょっとしたイベント事っていうのはすごい楽しいじゃないですか?ただお参りするより、それを削って持って帰って、ずっと持ってようみたいな。そういうのもすごい楽しかったですし、あとは、そこがペットの供養になってまして、ペットを飼われてて亡くなられた方とか、そういう方がいらっしゃったりもするんで、そういうのもお勧めです。

入ってすぐ、両サイドが竹林というか、ばーって竹になってるので、そこで撮る写真もめちゃめちゃ綺麗なので、人力車でまず入って、そこの竹に背中向けて、僕が写真撮って、という感じで周りますね。浅草って、あんまり竹の写真は撮れないと思うんですよ。下町もどこも何かしら建物があったりするんで、竹林なんてあんまりないんで、かなり貴重な写真が撮れますし、その帰り道にですね、「旧安田庭園」っていう庭園があるんですけど、そういう所にもちょっと寄ったりもできるんで、かなり楽しいですよ。道中も隅田川の川沿い走ったりするので、景色もいいですし、風も気持ち良く浴びれるのでいいかなと思います。

―――両国まで行って回向院。旧安田庭園も回れる。風情がある良いコースですね。

僕たち浅草の劇場に出てるんですよ。浅草で車夫もやって、芸人もやって。東洋館の近くにですね、「浅草リトルシアター」って言って、ちょっと若手の劇場があるんですけど、そこにも出てたりするので。

―――どうもありがとうございました。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。