ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』、シーザーが復讐を誓う新トレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』の公式トレーラーで、「私は戦いを始めていない。私は猿を守るためだけに戦う」と、アンディ・サーキス演じるシーザーが語る。

米20世紀FOXは、3月30日(現地時間)のシネマコンのプレゼンテーションで、雰囲気も内容もダークな新映像を公開した。同作は、マット・リーヴス監督が手掛ける映画『猿の惑星』シリーズの3作目だ。

最新作は、前作の映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』と映画『猿の惑星:新世紀(ライジング)』で見られた素晴らしいビジュアルをなぞっているが、前2作よりもアクションシーンは控えめでより深い作品となるようだ。ダークなトレーラーでは、リブート版映画シリーズで描かれてきた人間と猿の5年以上に渡る対立が差し迫っている様子が描かれ、コーネル(髪を剃ったウディ・ハレルソン)とシーザーの間に芽生えた対立を中心に展開する。

シーザーは、「安穏を申し出た。情けを与えた」と、コーネルに語る。

コーネルは、「情けと言った?お前が何と言おうとも、結局は我々を排除するだろう。それが自然界の掟だ」と、答える。

最新作は、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』の2年後を舞台とし、アミア・ミラー演じる口の聞けない少女ノヴァが猿と仲良くなる様子がトレーラーに映し出される。1968年のオリジナル作品では、リンダ・ハリソンが大人のノヴァを演じた。

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は、7月14日に米劇場公開する。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。