ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

キッチュな見かけにだまされない!?人工知能を持つドライブアシスタント「Chris」はかなり賢い

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

chris_1ながら運転を防止するスマートハンドルや、ハンズフリーで多彩な情報をコントロールするドライブアシスタントなど、ここ最近、ドライバーをサポートするプロダクトの台頭がめざましい。来たるべき自動運転社会に向けて、着々と準備が整いつつあるようだ。

Kickstarterに新たに登場した「Chris」も、そのうちの1つ。運転中のドライバーを賢くサポートする、人工知能搭載型アシスタントデバイスだ。

・最先端の音声認識機能でドライバーと賢く会話

chris_2過去に出てきた製品に比べると、いささかキッチュな印象のある本品。見かけにだまされてはいけない。中心部は、人工知能と自然言語処理機能で構築。最先端の音声認識を搭載しているため、簡単なジェスチャーと組み合わせるだけで、快適に操作できるようになっている。

最大の特徴は、ドライバーと会話ができるところ。人工知能によって言葉を覚えるので、話しかけるほどにその能力は増していく。SNSの新規メッセージ、Eメールを受け取ったときも同様だ。「Chris」がユーザーに通知し、読み上げてくれる。

・電話のコールからミュージックプレイ、ナビゲーションまで幅広く代行

chris_3電話ももちろん、スマホに手を触れずにかけられる。「Chris」に内蔵された音声制御のハンズフリーシステムによって、車での通話や電話の受け取りが、かつてないほど簡単に行えるのだ。

電話をかけたいときは、「Chris」に相手の名前を告げるだけでいい。彼女(?)が該当する番号を探し、そのままコールしてくれる。相手が出たら、「Chris」を介してお話。高品質のマイクロフォンを搭載しているため、スマホで話すのと同じくらい、いやひょっとするとそれ以上に、クリアな音声で会話を楽しめることだろう。

Spotify、Apple Music、Google Musicなどから、好きな音楽をかけたり、交通渋滞をさけるためのナビゲーション能力もあり。これらの案内も、すべて音声で実行される。

すでに目標の2倍近い額を達成した「Chris」。締め切りまでの日数を考えれば、サポーターはまだまだ増えそうだ。早期割引価格は、179ユーロ(約2万1400円)から。受け付けは、5月3日まで。

Chris/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。