ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宇宙で赤飯?JAXAが認証する「宇宙日本食」とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

rice_plain
出典:JAXA

“海外”滞在中、日本食が恋しくなるように、“宇宙”滞在中だって日本食が食べたい。国際宇宙ステーションに滞在する日本の宇宙飛行士の、長期滞在による精神的なストレスを和らげ、仕事の効率の維持・向上を目的として開発された「宇宙日本食」の存在をご存知だろうか。

streamed_rice
出典:JAXA

「宇宙日本食」とは食品メーカーが提案する食品を評価し、宇宙食としての基準を満たしている食品をJAXAが認証するのもの。現在14社31品目が採用されている。ラーメン3種、カレー3種、羊羹2種など、複数のバリエーションをもつメニューの中でも、最多のバリエーションを誇るのが米飯。「白飯」、「赤飯」、「山菜おこわ」、「おにぎり 鮭」と4種が揃う。

streamed_rice_w_red_beans
出典:JAXA

いずれも国際宇宙ステーションで提供できる低温度のお湯で調理が可能。お湯の注入後約30分で食べることができる。

riceball_salmon
出典:JAXA

米飯4種の開発、製造をしている尾西食品株式会社によると、開発には宇宙滞在時の味覚の変化を考慮しているそう。同社担当は「諸説あるものの、宇宙滞在時には血が頭にのぼりやすく、味覚が鈍感になる人もいる。そのため米はうるち米でありながら、すこしもち米に近いような食感がある品種『低アミロース米』を用い、味を濃く感じる工夫をしている」と説明する。また、味付きの3種は通常の商品よりも、多少濃い目の味付けをしているんだとか。

最新技術とおいしさへのこだわりが生み出す「宇宙日本食」。今後のバリエーションの充実にも期待したい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。