ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ネバヤン安部&奥山由之、ギャラについて独特の見解

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ネバヤン安部&奥山由之、ギャラについて独特の見解
J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨がゆるいカルチャートークをお送りしています。3月31日(金)のオンエアは、スタジオを飛び出し、奥山のアトリエからお届け! そんな今回のトークテーマは「お金と表現」。

まず奥山は「ギャランティ」について言及。クリエイティブな仕事というのは、一本の仕事でみれば、どんなに力を注いでも注いでいなくてもギャランティは同じ。しかし、長い目で見ればちゃんと比例している、と奥山は語ります。「その結果が次の仕事になるから」というこの考えに安部も同じようです。

「昔、ミスチルの桜井さんがおもしろいこと言ってて、『アルバムの評価ってどのように感じますか?』って聞かれて、『自分は基本的には、そのアルバムの評価っていうのは、次のアルバムの売り上げで判断している』と」(奥山)

一番新しいアルバムが売れたら、前のアルバムが良かった、という考え方だそうですが、確かにリスナーとしては、新しいアルバムを買おうという気持ちは、前回のアルバムの出来に左右されますよね。

これに「僕も一緒だもん。買うもん。そうだね。お金とかよりも次の何につながるかだよね。本気でやることっていうのは」と、制作者、消費者の両方の立場からも納得できるようです。バンドの場合、ライブでの動員数はまさにそれが如実に表れますよね。

そんな話の流れから、以前、安部に来た、ある仕事の依頼でのエピソードが語られました。安部が大好きなアーティストから、「新譜のライナーノーツを書いてください」という依頼だったのですが、「その人のことは本当に大好きだし、ものすごい書きたかったんですけど、お金をもらって書くってことは、やっぱりそれが残っちゃうわけだし、その人になるわけじゃないですか、手を抜こうが本気だろうが」と安部。しかし…

「そのとき、曲作りとほかのライブといろんなことが重なってて。今の状態でそれをやってしまうと、その人にも失礼だし関わっている全員にも失礼というか…120パーセントの文章を書けないんじゃないかと思って、ものすごいやりたかったけど、対価をもらうことに対して『これはいけない』と思って苦渋の思いで断っちゃったこともあった」(安部)

同じような経験が奥山にも最近あったそうです。その仕事でもらえるギャランティがいくら高額でも、そこに自分が120パーセント満足したものを出せないと、かえってマイナスになることもある、とも安部は続けます。その仕事がやりたいことであればあるほど、全力が尽くせないようであれば断らざるをえない…そんな今の状況が「悔しい」そうです。

そんな安部に奥山は、そういったやりたいことをやれない分だけ、自分の中で絞り込んだ仕事をしているから、「やれなかったものの分だけ、今やれてることを頑張ろうってなるじゃん。頑張るとさ、クオリティだけでいうと良いモノがより作れるように、気持ち的にもなっていったり」と前向きに語ったのですが、そうすると、次に来る仕事の期待値がまた高くなってしまう、という悩みも同時に出てくると語ります。

満足できる仕事を突き詰めていくと、本当にキリがない世界ですよね。大御所になればなるほど、あまり新作を発表しなくなってしまう、という傾向もわかる気がします。今回も30分とは思えないほど濃い内容になったオンエアでした。

このほか番組では、「こんなに楽しかったの初めてかも!」と安部が語る、沖縄のネバヤンのライブの話や、奥山の「なんで音楽のアルバムはみんな値段が同じなの?」という疑問などについても語り合いました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。