ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

引っ越しや建築現場で大活躍!最大80メートルまで計測できるレーザー距離計「VH-80」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

fullsizeoutput_2749引っ越しのシーズン。メジャー片手に、天井の高さやリビングの幅を測ったりしている人もいるだろう。

今回紹介するのは、巻尺の代わりに活躍するレーザー距離計「VH-80」。レーザー光が両サイドから出るタイプで、最大80メートルまで計測が可能。しかも面積や容積の算出もでき、家庭から建築現場まで幅広く使えそうだ。

・誤差は±3ミリ

VH-80はレーザー光を出し、跳ね返ってくる光を使って距離を算出する。長方形のボディの両サイドからレーザー光が出てその2つのデータを合算したのが距離となる。

fullsizeoutput_274bデータはBluetoothで連携するスマホアプリにただちに送られ、誤差は±3ミリメートル。

また、計測データはVH-80のディスプレイにリアルタイム表示もできるので、壁と壁の中間がどこになるのかを確かめるのに使うこともできる。

・ピタゴラス定理モードも

他のレーザー距離計にない機能としては、面積や容積の算出が挙げられる。例えば、アプリで面積モードを選択して縦と横の長さを測ると、面積を自動で計算してくれる。

fullsizeoutput_2750同様に、ピタゴラスの定理を用いて三角形の2辺を測ると、残りの1辺の長さを知ることもできる。こちらはどちらかというと建築・建設現場などプロフェッショナル向けの機能といえそうだ。

VH-80の大きさは7.2×4×1.8センチ、重さ150グラムとコンパクト。単4電池2本で作動する。VH-80は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募集中で、今なら119ドル(約1万3000円)~となっている。

すでに目標額は達成しているので商品化はほぼ確実な情勢。出資は5月12日まで受け付け、9月にも発送が始まる見込みだ。

VH-80/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2807932/video-749415-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。