ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「生まれ変わり」を信じたくなってしまうような衝撃的な赤ちゃんたちの映像

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120213baby01.jpg

最近は冗談話のなかでも、だいぶ一般的に話されるようになりつつある「生まれ変わり」の話題。
筆者の職場でも女子が「○○さんて前世は○○だったんじゃない?」と、そんな会話を聞いたりしますが、そのことをマジィ~メに考えたりする人は少ないと思います。
しかし、この“衝撃”の「生まれ変わりの赤ちゃん映像」(と勝手に名付けてしまいますが)を観たら、もう「生まれ変わり」をマジで考えてしまうことうけあいです。
「生まれ変わり」をマジメに調べあげた著名な精神医学博士のスピリチュアルな話を織り交ぜて衝撃の赤ちゃんたちを観てゆきましょう。
 

● 夢中でフリーキックを練習する赤ちゃん
なぜこの2歳位の赤ちゃんはフリーキックの遊びに夢中になってしまうのでしょうか。この赤ちゃんの箱にボールを決めたい「フリーキック衝動」は、どこから生まれて来るのでしょう。遺伝記憶や胎内記憶では説明できそうもない行動ですね。

「生まれ変わり研究」の第一人者イアン・スティーヴンソンによれば、2歳から5歳くらいまでが一番前世に身につけた行動を最も示すと語っています。

● 夢中でラテンダンスを披露する赤ちゃん
す……凄すぎます。この腰の動き、首びの回し方、そして誰かに指を差してアピールする仕草。この動きをどこかで観ました。リッキー・マーティン並にノリノリのダンスではありませんか! でも、マーティンは存命中ですが。
ラテンの国、ブラジルで撮影された”前世がダンサーの赤ちゃん”(勝手に命名してます)。これは誰の目にも奇異に映ることでしょう。いやぁ、驚きました。オトナでも真似できない、この動きはどこで身につけて来たのでしょうか?

オトナになってしまうと”前世記憶”は薄れてしまいます。例えば私達が1週間前の食事を簡単に忘れてしまうように、どうでもいい記憶はどんどん忘れてしまいます。
それとは別に「前世で身につけていた動作・行動」は、記憶とは別に浮かび上がって来やすいものだそうです。何か子供の頃から癖のようになっているものがあれば、それはもしかしたら前世から引き継いだ動作・行動(癖)なのかもしれません。
クラシック音楽を聞くと指揮者のように手を動かすとか、無意識な赤ちゃんたちの行動に注目してみると神秘を感じられるのではないでしょうか。前世が強盗だったと思われる赤ちゃんは警察官を見ると棒を銃のようにして構える動作をしたとか……。
お子さんのいる方はビデオを持って子どもの行動を記録しておくといいかもしれませんね。
(Teru Sun)


(マイスピ)記事関連リンク
あなたの恋愛は前世でどんな人生を歩んだかに左右されている!? 無料占い「愛の勝ち組!前世診断」
前世はヨーロッパ貴族[スピ☆漫]辛酸なめ子
「生まれ変わり」でわかる赤ちゃんの授かり方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。