ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

超シンプルな家庭用Wi-Fiルーター「Google WiFi」のレビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google が昨年 11 月に海外で発売した家庭用 Wi-Fi ルーター「Google WiFi」のレビューをお送りします。Google WiFi は円筒型のちょっとお洒落っぽいデザインの Wi-Fi ルーターで、複数の Google WiFi を用いて電波エリアを拡張できるメッシュネットワーク機能に対応している点が大きな特徴となっています。また、機器の設定や管理を Google 純正アプリ「Google WiFi」で行える点も手軽に利用できるので特徴だと言えます。Google が家庭用 Wi-Fi ルーターを発売したのは Google WiFi が初めてではありません。2015 年には Google WiFi の前身となる「OnHub」を発売しており、Google WiFi は OnHub のリニューアル版となります。Google WiFi は米国で 1 個 $129 とけっこうリーズナブルな価格で販売されており、買ってすぐにメッシュネットワークを構築できるよう 3 個パックも提供されています。今回入手したのは米国モデルの 1 個だけで、手元に OnHub があるので 2 台のメッシュネットワークを構築して使っています。Google WiFi は何よりもシンプルさを追求した製品で、面倒なことは一切ありません。基本的には電源を入れ、アプリで初期設定を行うと利用を開始できます。PPPoE にも対応しているので、PPPoE で接続を行うプロダイバーの回線でも利用できると思います。後は必要に応じてメッシュネットワークを構築します。“Wi-Fi ルーター” と聞くと、平べったくて角ばっている、アンテナが飛び出た筐体をイメージしますが、Google WiFi は既存の Wi-Fi ルーターとは大きく異なる形状です。デザインは悪くないと思いますが、本数冊分の狭いスペースに置くことは困難です。Google WiFi のインタフェースは USB Type-C の電源コネクタ、WAN 用の RJ45 コネクタと LAN 用の RJ45 コネクタのみ。セットアップする場合は少なくとも WAN 用の RJ45 に LAN ケーブルを接続します。後は Google Play ストアで無料配信中の「Google WiFi」アプリを利用してセットアップを行います。アプリは日本語に対応していませんが、セットアップウィザードに沿って作業すればよく、設定内容も多くないので、問題なく設定を完了できると思います。初期設定時に最低限決めることは、SSID 名、パスワード、設置場所(リストから選択)だけです。この内容で自動的に SSID を作成し、使用可能な状態になります。5 分もあれば設定は完了します。メッシュネットワークを構築する場合でも、Google WiFi の親機の電波が届く範囲に子となる Google WiFi または OnHub(ブリッジとして機能する)を設置し電源を入れてアプリの「Add」ボタンから追加する SSID を選択するだけで機器を追加できます。Google WiFi のセットアップが完了すると後はネットを満喫するだけです。管理は全て Google WiFi アプリで行います。アプリではステータスや SSID パスワードの変更などの基本的な管理機能のほかに、ゲスト SSID の作成、NAT 変換やポートフォワーディングの設定、特定デバイスの接続遮断(Family WiFi)、DNS サーバの切り替え、DHCP の IP アドレスの付与範囲の変更など、一般的な Wi-Fi ルーターに見られる管理機能を利用できます。例えば、SSID ごとに Wi-Fi の認証方式を設定したり、チャンネル幅の選択や切り替え、2.4GHz 帯の SSID と 5GHz の SSID を個別に作成するような細かい設定は Google WiFi では出来ません。機能的には LinkStation や Aterm といった国内メーカーの Wi-Fi ルーターに到底およびません。こうした細かい部分の設定が必要という方に Google WiFi はおすすめできません。

■関連記事
Google、正式版「Android 7.1.2」の配信を開始
YouTubeアプリの新しいボトムタブバーデザインがタブレットにも適用開始
Amazon.co.jpの「春のタイムセール祭」が実施中。Huawei MediaPad M3などがお得にゲットできる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。