ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

盗難車を事故車で偽装する「目玉抜き」とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
盗難車を事故車で偽装する「目玉抜き」とは?

日本車の評価は世界的に高いため、海外からバイヤーが買い付けにきています。そこで売買されるのが盗難車。とはいえ、盗難した車をそのまま売るわけではありません。盗難車を事故車で偽装する「目玉抜き」や「ニコイチ」といった手法がとられています。詳しく見ていきましょう。

事故車から盗難車に車体番号を溶接

目玉抜きやニコイチは、盗難車を売買するための方法。目玉抜きは「車体番号打ち換え」とも呼ばれる手法です。同一車種の事故車からコーションプレートと呼ばれる車体番号を外して、盗難車に溶接で貼り替えます。

ニコイチはもっとシンプルに盗難車を偽造する方法。「事故車起こし」とも呼ばれ、盗難車と事故車など複数の車から使えるパーツを流用。1台の新車を作ってしまう手法です。

高年式の事故車だった場合、書類だけでも高額で取り引きされます。その書類を元に盗難車のコーションプレートと呼ばれる車体番号を改造すれば、タダ同然で仕入れた盗難車を200万~300万円で売買できるのです。

盗難車は海外バイヤーに流される

目玉抜きやニコイチで偽装された盗難車は、数か月のうちに海を渡り、アジアのどこかの国で元気に走ることになります。1980年代後半は日本車が世界中で絶大な人気があり、飛ぶように売れていました。

世界中のバイヤーが放っておくはずがありません。まずはソ連(現ロシア)、それからインドやパキスタン、バングラデシュがその顔ぶれです。彼らが1番望んでいたのは、目玉抜きやニコイチの盗難車。特にトヨタ・ランドクルーザーや三菱・パジェロなどは高額で取引されました。

現在は中国向けの貿易が盛んで、中国人バイヤーが表も裏も猛威を振るっている状況。海外へ出してしまえば捜査当局の手の届きにくい範囲。目玉抜き車やニコイチ車の販売ルートは、海外バイヤーへ流すのが1番安全な取り引きなのです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。