ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

You play with the cards you’re dealt(配られたカードで勝負するしかないのさ) ~スヌーピーの名言より。 -feles8-

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

手持ちのカードを増やそう=選択肢を増やそう

スヌーピーの名言を胸に、役立ちそうなセミナーに片っ端から参加してみることにした。不動産~土地と家。この関連のセミナーは探せばとても多い。住宅ローンの金利が史上最低水準!東京五輪開催決定!消費税増税目前!(延期されました)と、「今が買い時です」的な業界全体の雰囲気から、セミナーもアゲアゲな内容が多い。
akira

晧はマイペースです。でも引っ越してから一緒に寝てくれなくなりました(泣)

参加したセミナーは以下の感じ。

a.立地の良い中古マンションを住宅ローンで購入して、最初は住んでその後、人に貸しましょう(新築マンションのパターンもあり。住まないで最初から人に貸すパターンもあり。自分で購入して自分でリノベーションして、売り払うパターンもあり)→マンション投資

b.アパート一棟買って家賃収入(不労所得)で左うちわな生活を送りましょう。→不動産投資の王道とも言えるやり方。実際、部屋を一つ一つ買っていくよりは、アパート一棟ドーンと買ってしまった方がお得と言えば、お得

c.空家問題もあるし、世の中はこれからコンパクトシティ化へ向かっています。中古物件を安く買って大々的なリフォームしましょう。今はリフォーム技術がすごいですよ!→建て替えよりはお得

d.土地があるなら駐車場にする?アパート建てる?→アパートがお勧め

e.賃貸併用住宅なら、さまざまなパターンに対応できますよ。

一応は上記の考え方(カード)を仕入れてはみたものの、当初はどれもピンとこない。
要するに不動産は立地ビジネス。当たり前だが、利便性のいい土地に人は集まる=ビジネスになる。

私にとって上記が今一つピンとこない理由は土地。家の隣は更地で10年近く売れていない。駅から10分以上、旗竿地という点がネック。つまり土地が売れない。最寄り駅もJRではあるものの、大きな駅ではない。ずっと家同士の付き合いのある近所の左官屋さんから、「この家は、もうそろそろ屋根とか修繕しないともたないね」と言われるレベルで、ほとんど上物価値はない。土地については、大手のハウスメーカーの人に外回りついでに現地確認をしてもらったところ、「微妙に広いので売れにくい」という評価。核家族化が定着した今、広い土地はそれほど売れないという。

カードはひっくり返せる、配置を変えられる

いくらカードを増やしたところで、売れない土地を抱えていることには変わらない。老朽化した家はリフォームではもう無理。立地という不動産ビジネスなら最重要視される点が負のカードである以上、さらにローン組んでマンション買う?→×、家の前が既に駐車場なのに、更地にして土地ビジネスにする?→×

そこでふと思う。
待てよ?私はそんな悪い土地にずっと住んでいたわけ?(逆ギレ気味)

今でこそ、職場は家の近くだが、ずっと東京で働いてて、セミナーだってバンバン行っている。東京の主要都市は直通1時間圏内。家から駅までは徒歩圏内。日当たり超良好、閑静な住宅地。これがそんなに悪いカードなのか?負のカードだってひっくり返したり、配置を変えることができる余地はあるのでは?

上記のa~eで唯一、なんとなく自分の気持ちに引っかかったのはe。大手ハウスメーカーが提唱しているペット共生住宅というカードも気になり、やっぱり家を考えるなら家族(猫)のことも考えなきゃね!となる。

ちょっと絞って考えてみよう。そんな中、タウン紙で見つけたセミナーが、NPO法人日本住宅販売審査協会主催の「私のマイホーム教室」だった。
siryo

私のマイホーム教室の資料。「女性」をターゲットにしたマイホームについての講座である。全5回コースという点を懸念したものの、エントリーして無事に修了。結果、このセミナーがfelesを作る決定打となる。資料の厚さは2.5cmにもなる(!)

3月4週目現在

tochi

更地にしたらすぐに整地。お天気にも恵まれて工事は現在順調。ちょっと高めの土地にするので、土留めをしっかりしています。
suu

好(スー)は先日、お外恋しさのあまり脱走を企てて、私にがっつり叱られる(荷物すべて放り出してのタックル捕獲)。「秋になったらお家に帰ろうね。お外ゴロゴロスペース(後述)も作るからね」と説得。 不自由かけてごめんね。

 

著者:飯田香

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。