体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

立ち会い予定の旦那が嘔吐、さらに緊急帝王切開に…38時間の陣痛の間にトラブル続出

39週5日の朝、ありえないくらいの腰の痛みで目覚めました。

2日前の検診で子宮口の開きは1センチ、予定日過ぎるかもと言われてたけれど、激痛だし歩くのもやっと、と思えば落ち着いたり…。

腰の痛みなのに波があったので、試しに陣痛アプリを起動して測ることにしました。

間隔はバラバラで、初めての出産なので、腰が痛いのが陣痛なのかは実感出来ず…。

同居している義両親にも特に何も言わず、気付けば夕方の15時まで間隔を測っていました。

痛みに耐えるのと測ることに集中してるうちに頭が痛くなってきて、

「これが陣痛だとしたら今から体力消耗するわけにはいかない」

そう思って、陣痛かもと義両親に伝え、トイレに行くとうっすら出血したようなものがあったので、病院に電話しました。

「痛みがさらに強くなって、間隔が5分になったらまた電話して」と言われたので自宅で待機。

それから3時間後、今までの比にならない痛みと、測れないくらい間隔が短くなったので再び病院に電話。

「もう夜ご飯の時間終わっちゃったから、食べてからきてくれる?入院の荷物忘れずにね!」

痛みが強すぎてその言葉に絶望。

義母が食事を用意してくれましたが、痛すぎてほとんど食べられませんでした。

そのタイミングで旦那が帰宅したので荷物を用意して、車で10分ほどの場所にある病院に到着。

車椅子に乗せられて陣痛室に入り機械を付けられると、改めて痛みが陣痛だとわかりました。

痛みに耐えながらも「もうすぐ赤ちゃんに会える!」とワクワクしてる自分がいました。

しかしここからが長く…。

旦那が泊まりで付き添ってくれて、気が紛れるように話しかけてくれますが、仕事終わりで疲れてるのと時計を見れば深夜2時。

寝ていいよと言うと即寝する旦那。

自分も眠くて寝に入ろうとすると陣痛がきて眠れず、寝落ちしては痛みで起きるを繰り返して、そのまま朝ご飯の時間に。

痛くて食べれず、いらないと看護師さんに伝えると

「じゃあ旦那さんが食べてもいいよ」

と言われ、ほんとに食べてました。

するとすぐ隣が分娩室なので、出産真っ最中の人の声が痛々しく聞こえてきました。

すると旦那の様子に異変が。

「吐きそう」と言ってすぐ横にあるトイレで朝ご飯リバース。(汚くてすみません)

立ち会い希望だったので、自分たちの出産を想像したら気持ち悪くなったそうで、今まで付き添ってくれてて心強かったですが、私も不安になりました。 関連記事:分娩室からの悲鳴に怯える旦那。立ち会い出産で誕生を見届けた、次の瞬間…

自宅が近かったので、旦那はお風呂に入りたいと一時帰宅。

一人になって話し相手もいなくなり、痛みが紛れないのですごーく辛かったです。

何度も内診されて子宮口は2cm、3cmのまま産まれる感じはなく、その後破水しましたが高位破水のため進まず…。

出産の順番もどんどん抜かされて、看護師さんが来る度に「もう無理。お腹切って!」と叫んでいました。

すでに陣痛は約30時間を突破。

あまり寝れてなかったのと長時間の痛みで体力消耗のため、陣痛が1分間隔なのに、痛みのない1分で寝落ち、痛みで起きるをしてるうちに、声をかけてくれてる旦那にも反応出来ず。

いきみ逃しも出来なくなってきて、もう意識朦朧状態のなか、まさかの義母登場。

(気を遣わなくていいようにと産まれてから来るように旦那がお願いしてくれてました)

まさかの出来事に意識復活したものの、痛いものは痛くて、いきみ逃しが出来ないまま痛いを連呼すると、義母から

「ちゃんと呼吸しないと赤ちゃん苦しいよ!頑張って!」

の言葉。数時間前同じことを旦那に言われた時、

「わかってる!!もう頑張ってる!頑張れって言わないで!」

と叫んでから、旦那はひたすら腰をさするだけでいてくれたのに、また同じことを言われて、とうとう

「そんなのわかってる!!!」

と義母に対してタメ口キレ口調で叫んでしまいました(笑)

次に先生がきて内診とエコーをしてもらうと、赤ちゃんの心拍が少し弱くなってるとのことで、破水もしてしばらく経つし立ち会いは出来ないけど、私と赤ちゃんのことを優先して帝王切開になりました。

この時は赤ちゃんに会えることよりも、「やっと痛みから解放される…!」としか思えず腰椎麻酔が効くまでは痛みと吐き気に耐えながら手術室に入りました。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。