ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ウェス・アンダーソン監督、前編日本が舞台の新作

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
wes

ウェス・アンダーソン監督待望の最新作『Isle of Dogs』(原題)が製作開始、FOXサーチライトにて全世界配給することが決定。

全世界で大ヒットし、アカデミー賞最多9部門ノミネート、最多4部門受賞の『グランド・ブダペスト・ホテル』(14)の製作陣が再結集する本作『Isle of Dogs』(原題)は、全編にわたり日本を舞台とし、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険をストップモーション・アニメーションで描く。
声優陣は、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、野村訓市といった、アンダーソン監督作品常連の豪華俳優陣に加え、新たにスカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノら多彩な才能が集結。
知的で型破りな脚本とそれを独特の手法で映像化する才能、そして単にユニークな映画作家としてだけでなく、アート映画をビッグヒットに導くことのできる唯一無二の存在であり、全世代において最も才能あるフィルムメーカーの一人であるウェス・アンダーソン。FOXサーチライトの共同社長、ナンシー・アトレー氏、スティーヴ・ギルラ氏は「私たちは、ウェス・アンダーソン監督の独創的な創造力から生み出される最新作で、行動を共にすることに興奮を覚えます」とコメントを寄せている。

アンダーソン監督からみた日本とは一体どんなものなのか?
全世界がウェス・アンダーソンの独創的なイマジネーションが生み出す、“誰も見たことがない日本”への旅に興奮を覚えるに違いない。”アニメーション”というカルチャーが台頭する日本において、ウェス・アンダーソンが新たなアニメーションの扉を開くとともに、この現代最高の才能が送り出す、日本文化発信の世界的ムーブメントがいま、起ころうとしているー。本作は2018年公開予定だ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。