ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

頭から爪先までぽっかぽかになってダイエットもできちゃう「しょうがココア」で寒波を乗り切る!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
120213cocoa01.jpg

節電ブームと30年ぶりの大寒波に見舞われ、今年の冬の厳しさは半端じゃないですよねえ。
みなさん、お風邪など召されていませんでしょうか?
そんな寒さ厳しい今冬、大ブームになった食材といえば「しょうが」。
ジンジャーティーなどの王道レシピをはじめ、今年は様々なしょうがレシピやしょうが商品が登場しましたよね。
そんなしょうがレシピのなかでも、目からウロコ的なものを今日、友人から教えてもらいました。「しょうがココアが、冷え性に効くらしいよ」と。
なぬ! しょうがとココア? その組み合わせは初耳!
友人がレシピとともに教えてくれたのが「gooダイエット」の記事。こちらに「しょうがココア」の効果や作り方の詳細が説明されていました。
これまでマイスピでもしょうがが持つ温熱作用について触れてきましたが、そのしょうがを持ってしても実は「万能」ではないことがわかったのだそうです。
 
同記事では:

「しょうがの粉末を溶かした水を飲んでもらうという実験の結果、摂取直後からひたいの皮膚温が上昇し、その効果は実験終了時まで継続。さらに、身体各部でみると、ひたいや鼓膜、手の指先といった上半身で効果が見られ、足先では大きな効果は得られなかった

とのこと。
つまり、しょうがの温熱作用には「即効性」「持続性」そして特に「体の上半身の温め」には効果的ですが、全身、特に下半身までもを温めるのにはちょっと無理が生じる……ということですね。
そこで登場するのが「ココア」! 
漢方の分野では、この食材が温冷のどちらなのかまだ明確にされていないらしいのですが、同記事では「実験では温熱作用が確認された」とのこと。そして体の部位でみると、しょうがとは逆で足首やつま先といった「下半身」の温めが目立ったらしいのです。
ということは……「しょうがココア」をいただけば、上半身はしょうが効果で、また下半身はココア効果で、全身ポカポカになる、というわけ!
作り方も簡単でした!(詳細は「gooダイエット」をご確認くださいませ)
しょうがココアは1日に1、2杯を、朝・晩に飲むと良いようです。またチューブのしょうがを使用しても作れないこともないですが、薬効という意味では生野菜のしょうがを使った時よりも劣るのは否めません。ここは手間をかけて、生しょうがをスリスリして作っちゃいましょう!
また、代謝アップも期待できるので、ダイエットにも効果的……とのこと。ぜひ今冬はこのしょうがココアをマストアイテムにしてみましょう!
photo by Thinkstock/Getty Images
やせちゃうしょうがココア – gooダイエット
(福島はるみ)


(マイスピ)記事関連リンク
風邪を引きやすいのは食べ過ぎが原因かも? 「粗食」&「毎日わくわくして過ごすこと」が風邪予防になる理由とは
バレンタインにインパクト大! 簡単かわいいロリポップケーキ[恋活レシピ]
美容にも保存食にも優れた栄養食品・ドライフルーツはぜひ非常袋にストックしたい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。